本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「あの18年がなければ、私は痛みを知らない人間でした」 松本まりかが明かす下積みから学んだ生きる“本質”

「あの18年がなければ、私は痛みを知らない人間でした」 松本まりかが明かす下積みから学んだ生きる“本質”

松本まりかインタビュー#2


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ

ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』(フジテレビ系・毎週土よる11時40分~)で、代名詞ともなった「あざとかわいい」を封印し、主人公ハルコに翻弄される、地味で平凡な編集者兼ライター、菊池いづみ役で新境地を拓いている松本まりか。自らを「雑草」と言い切る松本さんは、「負け続けた18年」の中で何を感じたのか。役者の苦しさと魔力について聞いた。(全2回の2回目。前編を読む

(取材・構成/相澤洋美)

◆◆◆

「弱い人や『勝っていない』人たちにシンパシーを感じます」と語る松本まりかさん ©文藝春秋/釜谷洋史
ワンピース¥25,300 フレイ アイディー(FRAYI.Dルミネ新宿2店)イヤリング¥16,500 ラ・キアーヴェ(ドレスアンレーヴ)《問い合わせ先》FRAYI.Dルミネ新宿2店(フレイ アイディー)03-6273-2071 ドレスアンレーヴ(ラ・キアーヴェ)03-5468-2118
負け続けた18年間

──『最高のオバハン 中島ハルコ』では、38歳独身、弱小出版社の編集者兼フードライター、200万円を貸した10年の付き合いの不倫相手からは5か月も連絡ナシ…という、これまでになく冴えない役柄に挑戦されています。演技で意識されていることはありますか。

松本まりか(以下、松本) これまではキャラクターを作り込むことが多かったんですが、今回は自分のキャラクターを作らず、常に受け身でいるように意識しています。

 今回私が演じている平凡なOL「菊池いづみ」は、視聴者さんの「目」なんです。私自身の個性は必要ないので、目立たなくていい。カメラも見切れているくらいでいいし、ピントもなんとなくぼやけているくらいでちょうどいい。ハルコさんが太陽ならいづみはその陰にぼやっといる、みたいな。そんなイメージで演じています。

 キャラクターの中ではいづみが一番普通の感覚を持った人ですが、いづみのツッコミが必要なシーンも多いので、そこにはリアクションで応えています。

『最高のオバハン』で菊池いづみを演じる松本まりかさん
ドラマでは大地真央さん演じる中島ハルコに、いづみは振り回されっぱなし

──SNSでもいづみが少しずつ成長していく姿に多くの共感が集まっています。松本さんはいづみのどんな部分にシンパシーを感じますか。

松本 いづみは弱小出版社のグルメ雑誌で編集者兼ライターをしています。10年間不倫した男にお金を騙し取られそうになるなど、仕事でも恋でもパッとしないアラフォーですが、私自身が負け続けた人生だったので、「人生の勝者じゃない」という部分にすごく共感しています。

 負け続けた18年の間に、他人の痛みや自分の至らなさが痛いほどわかるようになりました。だから、いつも弱い人や「勝っていない」人たちにシンパシーを感じます。いづみの中にもそういう血が流れているんじゃないかなと想像して演技しています。

最高のオバハン
中島ハルコの恋愛相談室
林真理子

定価:715円(税込)発売日:2017年10月06日

最高のオバハン
中島ハルコはまだ懲りてない!
林真理子

定価:660円(税込)発売日:2019年08月06日

ページの先頭へ戻る