本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「居眠り磐音 決定版」51巻完結記念 読者プレゼント 予想を超える驚異の応募数発表!! 

「居眠り磐音 決定版」51巻完結記念 読者プレゼント 予想を超える驚異の応募数発表!! 


ジャンル : #歴史・時代小説

 累計2300万部を超える、佐伯泰英さんの「居眠り磐音」シリーズ。文春文庫で2019年2月から2021年3月にかけて刊行された<決定版>の完結を記念して、読者プレゼント企画が実施されました。

 3巻以上の応募券で参加できるA賞(全51巻のカバー画を使用したシールを抽選でプレゼント)に加え、全51巻の応募券をすべてそろえた方のみが参加できるB賞(シールに加えて、完読認定証や特製ワッペンを応募者全員にプレゼント)の2つの賞でのこの企画、果たして51巻すべてのカバーが必要なB賞への応募がどれだけくるのだろうか、葉書に糊で一枚一枚貼って、切手を貼って……と、一抹の不安とともにスタートしました。

 ところが、最終巻の発売翌日には、読者からの葉書が6通、編集部に到着! しかも、51枚すべてが、きっちりと貼られているではありませんか。

 それからは連日、数十~百枚以上の葉書が続々と届けられ、編集部の保管スペースは満杯に。担当編集者も営業部員も、いったい何枚に!? と毎日、歓びと驚きで胸を高鳴らせながら、受け取りました。

たくさんのご応募、ありがとうございました

 そして、4月末で応募が締め切られ、応募総数は4087通、そのうち3339通に、51巻全巻の応募券が貼られている、という予想をはるかに上回る結果に!

 これには、佐伯さんも驚愕し、「大変な数のご応募と聞いて筆者は、感謝の一語です。長大なシリーズを読んで頂いただけでも、光栄です。予想を超えた応募にスタッフは大わらわです。プレゼントのお届けしばしお待ちください。」と歓びのコメントをよせてくれました。

佐伯さんからもコメントを頂きました

 当初、「そんな高いハードルのプレゼントは難しいのでは?」と懸念していた営業担当者は「懸賞の常識を覆す、この読者の熱量、恐れ入れました。読者の方々から連日、『賞品はいつごろ手元に届くのか』との問い合わせもいただいています。申し訳ありません。予想を大きく超える応募状況でして、作業を急ぎますので、もうしばらく到着をお待ちください」と話しています。

 プレゼントの発送は両賞ともに、7月以降を予定しています(コロナ禍の影響等で送れる場合があります)。

 ご応募くださった皆様、いま少しお待ちいただきますよう、お願いいたします。


4月から連続刊行中!

 女性職人を描く、書下ろし新作『照降町四季』(てりふりちょうのしき)は、文庫・単行本・電子書籍がほぼ同時発売です。こちらもどうぞお楽しみ下さい。

照降町四季シリーズ特設サイトへ

旅立ノ朝
居眠り磐音(五十一)決定版
佐伯泰英

定価:803円(税込)発売日:2021年03月09日

初詣で
照降町四季(一)
佐伯泰英

定価:825円(税込)発売日:2021年04月06日

己丑の大火
照降町四季(二)
佐伯泰英

定価:825円(税込)発売日:2021年05月07日

ページの先頭へ戻る