特集

目利き書店員が太鼓判! 令和の年末年始に読むべき時代小説

文: 「オール讀物」編集部

第9回本屋が選ぶ時代小説大賞

──本屋が選ぶ時代小説大賞は今年で第九回目を迎えました。書店員の皆さんが本気で「いちばん売りたい」一冊を選んでいただく選考会は、毎年、非常に白熱しますので今回も楽しみです。
 候補作につきましては、文芸評論家で歴史時代小説に詳しい、縄田一男さん、末國善己さん、大矢博子さんの三人が今年度(二〇一八年十月から一九年九月まで)のベスト10を選定。複数の推薦のあった次の四作品を候補としました。

『八本目の槍』(新潮社)
今村翔吾
『熱源』(文藝春秋)
川越宗一
『歳三の剣』(講談社)
小松エメル
『奇説無惨絵条々』(文藝春秋)谷津矢車

『八本目の槍』(新潮社) 今村翔吾
『熱源』(文藝春秋) 川越宗一
『歳三の剣』(講談社) 小松エメル
『奇説無惨絵条々』(文藝春秋) 谷津矢車

選考会に出席された書店員のみなさん(順不同・敬称略)

特設サイトへ
熱源川越宗一

定価:本体1,850円+税発売日:2019年08月28日

奇説無惨絵条々谷津矢車

定価:本体1,600円+税発売日:2019年02月27日


 こちらもおすすめ
インタビューほか<谷津矢車インタビュー> 江戸の猟奇事件と「歴史」の面白さ(2019.05.15)
インタビューほか山田風太郎賞候補作『熱源』作者の創造力に迫る!(2019.10.18)
特集文壇のレジェンドから川越宗一『熱源』に送られた熱い手紙(2019.09.25)
特集川越宗一さん『熱源』に全国から熱い感動の声が続々!(2019.09.18)