本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
穴のむこうに見える未来の頭文字はエフ――多和田文学を「重ね読み」してみた

穴のむこうに見える未来の頭文字はエフ――多和田文学を「重ね読み」してみた

文:岩川 ありさ (早稲田大学文学学術院准教授)

『穴あきエフの初恋祭り』(多和田 葉子)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『穴あきエフの初恋祭り』(多和田 葉子)

 二〇一五年、多和田葉子は、「変身」という日本語訳で広く読まれてきたフランツ・カフカの小説Die Verwandlung(一九一二年)に、「かわりみ」というルビをふった新訳を含む『ポケットマスターピース01 カフカ』(集英社文庫ヘリテージシリーズ)を編んだ。その解説にあたる「カフカ重ね書き」の中で、多和田は、精神分析の先駆者、ジグムント・フロイトの「マジック・メモ(ドイツ語ではWunderblock)」という概念を紹介している。「タブレット端末」のディスプレイを凝視していても、その向こうに別のデータが透けて見えることは決してないが、フロイトの「マジック・メモ」の場合、ボードの上にシートを重ねて何かを書いてからシートをめくれば、いったん、消えたように見えても、透かしてみれば、「文字の圧力でできた微かな痕跡」が残り、ボードに線が刻まれるという。フロイトがいうような「マジック・メモ」には幾筋もの線が浮かびあがり、読書の記憶も、「重層構造」を持つことになる。一度、書きつけられた線が織りなす像は、もう一度、読みなおしてみることによって、別の像として重ね読みされる。

 本書『穴あきエフの初恋祭り』には、二〇〇九年から二〇一八年にかけて、「文學界」に発表された七篇の小説が収められている。長い期間を経て生まれた短篇集は、それぞれの人生の段階や社会状況の変化の中で、かつての読書で結んだ像とは異なる像を新たに刻んでゆく。カフカの小説がそうであるように、『穴あきエフの初恋祭り』に収録された小説も、重層的な読書経験をくれる。それだけではなく、近年、多和田葉子の文学について書かれた多くの批評や研究を重ね読みすることによっても、『穴あきエフの初恋祭り』はさらに豊かさを増してくるだろう。

『穴あきエフの初恋祭り』の単行本から文庫化されるまでの三年ほどの間にも、英語での論集Tawada Yoko : On Writing and Rewriting(ダグ・スレイメーカー編、レキシントンブックス、二〇二〇年)、震災後文学の視点から多和田作品について論じた論文が多く収められた『世界文学としての〈震災後文学〉』(木村朗子・アンヌ・バヤール=坂井編著、明石書店、二〇二一年)、多和田の文学について縦横無尽に思考をめぐらせた室井光広の『多和田葉子ノート』(双子のライオン堂、二〇二〇年)などが刊行されている。また、劇作家ハイナー・ミュラーについて書いた多和田の修士論文「ハムレットマシーン(と)の〈読みの旅〉――ハイナー・ミュラーにおける間テクスト性と〈再読行為〉」の日本語訳が収録された論集『多和田葉子/ハイナー・ミュラー――演劇表象の現場』(谷川道子・山口裕之・小松原由理編、東京外国語大学出版会、二〇二〇年)や『多和田葉子の〈演劇〉を読む――切り拓かれる未踏の地平』(谷川道子・谷口幸代編、論創社、二〇二一年)が刊行され、「演劇人としての多和田葉子」にも、光があてられている。『穴あきエフの初恋祭り』に収録された小説を初出で読んだ人も、単行本で読んだ人も、改めて文庫版を重ね読みしてほしい。そこに重ね書きされた像は思いもよらない模様になるかもしれない。

穴あきエフの初恋祭り
多和田葉子

定価:726円(税込)発売日:2021年07月07日

ページの先頭へ戻る