本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
大島真寿美さんの直木賞受賞作『渦』&新刊『結』の世界がスマホからでもリアルに体験できる

大島真寿美さんの直木賞受賞作『渦』&新刊『結』の世界がスマホからでもリアルに体験できる

「オール讀物」編集部

2021年9月10日(金)オンライン動画配信


ジャンル : #小説 ,#歴史・時代小説

江戸時代の大坂・道頓堀を舞台に、人形浄瑠璃に情熱を注いだ近松半二の生涯を追った『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』。直木賞と高校生直木賞を史上初めてW受賞した、本作のスピンオフ作品『結 妹背山婦女庭訓 波模様』が、いよいよ8月5日に発売に。大島さん自身に2年ぶりの新作となる話題作は、半二の遺伝子を引き継いだ人々が人形浄瑠璃に魅せられ、様々な喜怒哀楽に浮き沈み、せわしなくも愛しい人間模様を生き生きと描く群像時代小説です。

新刊『結』で重要な役割を果たす登場人物の一人が、大阪で活躍した戯画作者の耳鳥斎(にちょうさい)。ユーモラスでおかしみのある作風が「ゆるカワ」と、最近ふたたび注目を集めていますが、この耳鳥斎は多方面に才能を発揮して浄瑠璃の腕前でも評判を集め、作者として素浄瑠璃「入間詞長者気質(いるまことばちょうじゃかたぎ)」を残したと伝えられています。

大島さんによれば、この耳鳥斎の「入間詞長者気質」のようなユニークな法螺話、おどけ浄瑠璃が、やがて上方落語へと変化&発展していったのではないかとのこと――それを確かめるべく、今回の『渦』文庫化と新刊『結』の刊行を記念し、文楽は豊竹呂太夫師匠・鶴澤清介師匠による素浄瑠璃「入間詞長者気質 持余屋の段」と、落語は柳家さん喬師匠の「宿屋の富」(上方では『高津の富』)をオンライン配信で聴き比べる、貴重なイベントが開催されることとなりました。


■文春文楽&落語 豊竹呂太夫・鶴澤清介「入間詞長者気質 持余屋の段」 柳家さん喬「宿屋の富」 ゲスト:大島真寿美

日時 2021年9月10日(金)18:30-20:30(仲入り有)☆18:30開演です。

第1部 柳家さん喬師匠「宿屋の富」
第2部 豊竹呂太夫師匠・鶴澤清介師匠「入間詞長者気質 持余屋の段」
第3部 豊竹呂太夫師匠・大島真寿美さん スペシャル対談
金額 2,200円(税込)
お申込み チケットは以下の2種類ご用意しております。

(1)ライブチケット
当日ライブでご覧いただくためのチケットです。
販売期間は公演当日の9月10日(金)18:30までを予定しております。
ライブ公演終了後、9月11日(土)1:00~17日(金)23:59まで、アーカイブ配信をご覧いただけます。

(2)アーカイブ配信チケット
ライブを見逃した方にご覧いただくためのチケットです。
販売期間は9月16日(木)23:55までを予定しております。
アーカイブ配信期間は9月11日(土)1:00~17日(金)23:59までとなります。

【お申込みURL】
https://bunshunbunrakurakugo0910.peatix.com/

お申込みはこちら

文楽と落語会の重鎮による豪華競演はもちろんのこと、作者の大島真寿美さんをお迎えし、豊竹呂太夫師匠とのスペシャル対談も行います。文楽+落語+文学が堪能できる超豪華イベントとなりますが、今回のライブ動画配信は「vimeo」という動画共有サイトによるもので、どなたでも簡単に、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます(参加者のお名前や映像は共有されません)。

特に「入間詞長者気質」は現代では舞台にかかる機会は滅多にありません。熱烈な浄瑠璃・落語ファンはもちろんのこと、今まで浄瑠璃や落語をご覧になったことがない方もお気軽にご参加いただき、お楽しみいただければ幸いです。

主催:文藝春秋
問合せ :event@es.bunshun.co.jp


プロフィール

豊竹呂太夫

芸歴
昭和42年 8月 三代竹本春子太夫に入門 祖父十代豊竹若太夫(人間国宝)の幼名の豊竹英太夫と名のる
昭和43年 4月 大阪毎日ホールで初舞台
昭和44年 7月 昭和44年4月春子太夫の逝去により竹本越路太夫の門下となる
平成29年 4月 大阪・国立文楽劇場において、六代豊竹呂太夫を襲名、「菅原伝授手習鑑・寺子屋の段」で披露

受賞歴
平成15年 1月 第22回(平成14年)国立劇場文楽賞文楽優秀賞
平成29年 8月 第47回JXTG音楽賞(邦楽部門)
平成30年 4月 第37回(平成29年度)国立劇場文楽賞文楽優秀賞
令和 1年11月 第54回大阪市市民表彰(文化功労部門)など

著作
平成29年 3月 「文楽・六代豊竹呂太夫」(創元社)※片山 剛氏との共著


鶴澤清介

芸歴
昭和48年 二代鶴澤道八に入門
昭和49年 1月 鶴澤清介と名のり、朝日座において初舞台
昭和57年 鶴澤清治門下となる

受賞歴
平成14年 3月 芸術選奨文部科学大臣新人賞 国性爺・楼門
平成27年 3月 第34回(平成26年度)国立劇場文楽賞文楽優秀賞
平成28年11月 第51回大阪市市民表彰(文化功労部門)
平成29年 2月 平成28年度大阪文化祭賞優秀賞
平成30年 3月 平成29年度恩賜賞、日本芸術院賞
令和 2年 4月 紫綬褒章など


柳家さん喬

芸歴
昭和42年 五代目柳家小さんに入門 前座名「小稲」
昭和47年 二ツ目昇進 「柳家さん喬」と改名
昭和55年 真打試験合格
昭和56年 真打昇進
平成13年 理事付役員に就任
平成18年 落語協会常任理事に就任

受賞歴
昭和59年 国立演芸場金賞
昭和61年 文化庁芸術祭賞 若手花形にて
昭和62年 選抜若手演芸大賞真打部門大賞
平成6年  第11回浅草演芸大賞新人賞
平成25年 平成24年度(第63回)芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)
平成26年 2014年度(第42回)国際交流基金賞
平成26年 第31回浅草芸能大賞奨励賞
平成28年 平成28年度文化庁文化交流使
平成29年 紫綬褒章


大島真寿美(作家)

1962年愛知県生まれ。92年「春の手品師」(『ふじこさん』講談社文庫所収)で第74回文學界新人賞を受賞。 同年すばる文学賞最終候補『宙の家』(集英社、のち角川文庫)が刊行。2011年刊行の『ピエタ』(ポプラ文庫)で第9回本屋大賞第 3 位。14年『あなたの本当の人生は』(文春文庫)で第152回直木賞候補。19年『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』で第161回直木賞受賞。映画化された『チョコリエッタ』(角川文庫)、NHK連続ドラマとなった『虹色天気雨』『ビターシュガー』(ともに小学館文庫)ほか、『戦友の恋』『モモコとうさぎ』(角川文庫)、『空に牡丹』『ツタよ、ツタ』(小学館文庫)など著書多数。2021年8月『渦』の続編となる『結 妹背山婦女庭訓 波模様』を上梓。
 

特設サイトへ
妹背山婦女庭訓 魂結び
大島真寿美

定価:869円(税込)発売日:2021年08月03日

妹背山婦女庭訓 波模様
大島真寿美

定価:1,870円(税込)発売日:2021年08月04日

ページの先頭へ戻る