本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
坊っちゃんって実は“コミュ障”!? 現代を生きるヒントが満載の“書店仕込み”の名著ガイド

坊っちゃんって実は“コミュ障”!? 現代を生きるヒントが満載の“書店仕込み”の名著ガイド

石井 千湖

『名著のツボ』(石井 千湖)


ジャンル : #ノンフィクション

ジェンダー問題を先取りしていた『源氏物語』、フィクションのお金が社会を動かすことを予見した『ファウスト』……「週刊文春」連載時から大きな反響を呼んでいた『名著のツボ 賢人たちが推す!最強ブックガイド』は、第一級の識者たちに、インタビューの名手・石井千湖さんが“名著の現代的魅力”をとことん聞いた〈本邦最高の名著ガイド〉本だ。現代を生きる力に直結する名著の魅力とは?


『名著のツボ』(石井 千湖)

“読み巧者”に教えてもらったら「坊っちゃんはコミュ障」だった!

――名著って言われるとやや身構えてしまうんですけど(笑)。

石井 その気持ちはすごくよく分かります。私自身、子どもの頃はミステリー好きで江戸川乱歩とか、ドイルの「シャーロック・ホームズ」やルブランの「ルパン」シリーズなどには親しんでいましたが、近代文学や世界文学にはまったのは学生時代のかなりあとのほうになってからです。大学の授業でも哲学の授業をとってましたがちんぷんかんぷんで、入門書を読んでもピンと来ませんでした。

 もともとはお堅い名著が得意でなかった私が今回、各分野の識者の先生方にインタビューさせてもらったのですが、これがものすごく面白かったんです。専門家のなかでも、今回はできるだけ原文を読み込んでいる方に集中的に聞きに行きました。とくに古典や海外文学は原文に触れてこそ豊かなニュアンスが汲み取れますから。

 “読み巧者”たちの語りから、その現代的な読み解きに知的好奇心が強く刺激されたのはもちろん、生々しく描かれた登場人物や筆者像がまるで同時代を生きる人のように、身近に感じられました。

――どんな発見があったか具体的に教えてください。

石井 たとえば夏目漱石の『坊っちゃん』の主人公は日本の近代文学を代表するヒーローですよね。ところが、作家の奥泉光さんに指摘されてハッとしたのですが、主人公の坊っちゃんはよく読むとかなり危なっかしいキャラクターです。同級生から挑発されたからといって校舎の二階から飛び降りたり、ナイフの切れ味を証明するために自分の手を切ったり! 本名のわからない彼は、友達もいないし、心を開けるのは下女のおばあさん清だけ。これは今でいう“コミュ障”そのものです。

 生きづらさを抱える孤独な青年が他者とのコミュニケーションに失敗するという、かなり現代的な話なんですね。

〈僕は是で男には大分ほれられる。女には容易に惚れられない〉

――教科書のイメージとまったく違いますね!

石井 コミュ障を描いているのに、〈親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりして居る〉という書き出しなど文体のテンポが圧倒的によくてぐいぐい読ませます。コミュ障の人が心の中ではやたら威勢よくしゃべっている、というギャップがおかしくて切ない。

 名著だからと義務感で読むとあらすじをなぞるだけで終わってしまうかもしれません。“こんな面白さがある”というツボを押さえた上で丁寧に読めば、固定観念が覆されると思います。

 奥泉さんには『吾輩は猫である』のツボもお聞きしました。『吾輩は猫である』は、個人的に好きな作品です。漱石自身の人間関係が色濃く反映されているところが楽しい。椎茸を食べて前歯が欠けてしまう物理学者の寒月は、漱石の教え子だった寺田寅彦がモデルです。

 漱石は坊っちゃんのようにコミュ障な一面もあったけれども、若い人たちにすごく慕われていました。あまりにも訪問者が多いので面会日を木曜に限定したり、お父さんになってほしいとか熱烈なラブレターが送られてきたりしていたんですよね。〈僕は是で男には大分ほれられる。女には容易に惚れられない〉という言葉を門下生宛ての書簡に残しているほど(笑)。

 漱石の手紙といえば、親友の正岡子規宛てのものもいいですね。たとえば病の床についている子規に請われて、留学していたロンドンの街や人々の様子を文章で見事に写生してみせるくだりは心掴まれます。

『舞姫』は腹が立ってこそ、鴎外の術中にはまっている

――そうした角度からも作品に光が当たると、日本の近代文学の捉え方も変わってきますね。

石井 他にも興味深い例を上げると森鴎外。代表作の『舞姫』なんて、国費でドイツ留学をしたエリート青年・豊太郎が貧しい踊り子エリスと恋に落ちて、妊娠させたのに、見捨てて結局は単身帰国するという、今のジェンダー感覚にしたらあり得ないストーリーです。豊太郎に対して「なんだこの男は!」と腹を立ててしまうわけですが(笑)、平野啓一郎さんに「それはもう、鴎外の術中にはまっていますよ」と解説されて、目からウロコでした。つまり豊太郎は当時の様々な問題が凝縮された人物として描かれていて、エリスとの関係は個人を活用する近代国家のシステムによってなかったものとされてしまう、それで良いのか? と読者に問うている作品なんです。

 たしかに鴎外は平塚らいてうが新婦人協会を立ち上げる時にも協力していますし、樋口一葉や与謝野晶子を高く評価して後押ししています。平野さんは、鴎外が19世紀当時のドイツのフェミニズムの総会に出席した恐らく唯一の日本人であることも指摘していますが、そういう視点から読み解くと作品がまったく違う顔をもって立ち上がってきます。

名著のツボ
賢人たちが推す!最強ブックガイド
石井千湖

定価:1,760円(税込)発売日:2021年08月27日

ページの先頭へ戻る