本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【オンラインイベント】デビュー20周年読書エッセイ集『米澤屋書店』刊行記念 米澤穂信さんによるライブ配信イベントを開催!

【オンラインイベント】デビュー20周年読書エッセイ集『米澤屋書店』刊行記念 米澤穂信さんによるライブ配信イベントを開催!

2021年12月11日(土)Zoomウェビナー配信


ジャンル : #エンタメ・ミステリ ,#随筆・コミックエッセイ

『米澤屋書店』(米澤 穂信)

いま最も新作が待たれるミステリー作家・米澤穂信さんがデビュー20周年の節目に刊行した読書エッセイ集『米澤屋書店』(文藝春秋)の発売を記念して、米澤穂信さんによるオンライントークイベントを開催します。

この読書エッセイ集は、米澤さんが20年間に書いてきたエッセイをまとめただけではありません。好きなミステリーを語るエッセイ120枚&オリジナルコメンタリー180枚の計300枚(!)の書き下ろしを収録。米澤ファン、ミステリーファン必携の一冊ができあがりました。

今回のイベントでは「米澤穂信を作ったミステリー」について語っていただくとともに今年出版した最新作『黒牢城』やミステリーの書き方についても伺います。

イベントに先立ち米澤さんからメッセージが届いています。

「本の本を出しました
 本の話をいたします
 本の書き方についても
 少し話してみたいと思っています」

みなさん奮ってご参加ください!

■開催概要・申し込み

日時 2021年12月11日(土)15:00~16:30
(後日、アーカイブ動画を配信予定です)
場所 Zoomウェビナーにて配信
参加方法 こちらのリンクより、『米澤屋書店』【オンラインイベント参加券付き】(税込み3500円)をご購入ください。
商品とともにイベント詳細が記された参加券がhontoより届きます。
参加券に記された方法で、イベント当日10分前までに参加申し込みをお済ませください。

ご購入はこちら


※上記商品は2021年12月5日(日)の23:59までの期間限定販売となります。ご注意ください。

■出演者

米澤 穂信(よねざわ・ほのぶ)
1978年岐阜県生まれ。2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞しデビュー。11年『折れた竜骨』で第六四回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)を、14年『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。同作で「ミステリが読みたい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」の国内部門1位により、史上初のミステリーランキング3冠を達成。翌年『王とサーカス』でもミステリーランキング3冠に輝く。その他の著書に『さよなら妖精』『春期限定いちごタルト事件』『ボトルネック』『インシテミル』『本と鍵の季節』『Iの悲劇』『黒牢城』など多数。

■『米澤屋書店』内容紹介

『満願』『王とサーカス』で「ミステリが読みたい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」の国内部門1位でミステリーランキング3冠を2年連続で達成。

いま最も次回作が待ち望まれるミステリー作家・米澤穂信さん。
次々と魅力的な謎を生み出す作家の頭の中はどうなっているのか? 米澤さんの頭の中を満たしてきたのはどんな本たちなのか。
作家生活20年の節目に、米澤さんの心を捉え、人気ミステリー作家を形作ってきた本を一気見せ。

米澤さんが20年にわたって、様々な媒体に書いてきた書評やお勧め本を一冊にまとめました。
「思うさまに大好きなミステリをお勧めしたい」という米澤さんの強い思いから、特別書き下ろし「私の心を捉えて離さないミステリ」(120枚!)&オリジナルコメンタリー(180枚!)収録。
米澤穂信ファン、ミステリーファン、これからミステリー作家を目指す未来の書き手必携の一冊。

米澤屋書店
米澤穂信

定価:1,870円(税込)発売日:2021年11月10日

ページの先頭へ戻る