本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
原作・冲方丁、主演・山本耕史の時代劇「剣樹抄~光圀公と俺~」の再放送がスタート!

原作・冲方丁、主演・山本耕史の時代劇「剣樹抄~光圀公と俺~」の再放送がスタート!

文:「オール讀物」編集部

出典 : #オール讀物
ジャンル : #小説

冲方丁さんの人気シリーズ「剣樹抄」をドラマ化した「剣樹抄~光圀公と俺~」の地上波再放送が決定! 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の三浦義村役でも話題になった山本耕史さんが若き日の水戸光圀を演じ、異能の才を持つ少年少女たちの集団「拾人衆」を率います。

再放送を記念して、冲方さんが撮影現場を訪問した際の記事を再掲載いたします。見学したのは、火つけ犯を追う光圀が、町人に扮して風呂屋に出向くシーン。キャストたちの迫力の演技と作り込まれたセットを楽しみました。

風呂屋のセットを背景に。右から、西村まさ彦(中山義直)さん、山本耕史(水戸光圀)さん、黒川想矢(了助)さん、冲方丁さん、美村里江(勝山)さん
写真◎石川啓次

 「今回のドラマ化は、作家として大変ありがたいですね。同じ作り手として、とても刺激になります。ドラマはお客さんが見やすく、知識も吸収しやすい形で作られていて、シーンの面白さを味わいやすいと思います。大勢の方が制作にたずさわるなかで起こる出来事も丹念に解決して、ものづくりをしていることが伝わってきました。そのことに励まされますし、自分もがんばろうと思いました」

ドラマ「剣樹抄」のセットを熱心に見学する冲方丁さん

 了助を演じる黒川想矢さんのエネルギッシュな演技にも魅了されたという。

 「拾人衆を演じる子役の方たちは、みなさん個性豊かですね。なかでも了助は、非常に目力があって、生命力のある絵面になっていると感じました」


放送予定

「剣樹抄 ~光圀公と俺~」
1月4日より毎週水曜 午後3:10から(放送日は変更になることがあります)
(全8回  NHK総合)
出演:山本耕史 
松本穂香 加藤シゲアキ
https://www.nhk.jp/p/ts/7KJWN4NYX5/


(「オール讀物」12月号より)

特設サイトへ

単行本
剣樹抄 不動智の章
冲方丁

定価:1,650円(税込)発売日:2021年11月05日

文春文庫
剣樹抄
冲方丁

定価:858円(税込)発売日:2021年10月06日

プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る