本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
世界的スクープ「ソ連崩壊」情報入手のリアルな描写

世界的スクープ「ソ連崩壊」情報入手のリアルな描写

文:佐藤 優 (作家・元外務省主任分析官)

『崩壊の森』(本城 雅人)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『崩壊の森』(本城 雅人)

 一九九一年十二月二十五日にソ連のミハイル・ゴルバチョフ大統領がソ連国民に向けテレビで会見を行い「親愛なる皆さん、独立国家共同体が形成された結果、私はソビエト連邦の大統領としての活動を停止します。私は不安を残してここから去ります」と述べた。クレムリンの上に立っていた赤旗が降り、ロシア連邦の白青赤の三色旗が掲げられた。本書ではこのときの情景がリアルに描かれている。

 

〈──今晩、クレムリンの旗が降りるぞ。

 この日の夕方、一人のウオッカ友達がそう教えてくれた。炎のように赤い地に金色の星と、鎌と槌(つち)が組み合わさった、巨大な社会主義国家「ソビエト連邦」を象徴する赤旗、それが降ろされるというのだ。土井垣はそのシーンを、日本から応援に来てくれた二人の同僚、そして妻の咲子と一緒に見たいと思った。みんなで歴史的瞬間に立ち会い、それぞれの目に焼きつける。それが将来の東洋新聞にとって大きな財産になる。

 後ろから溶けた雪が跳(は)ねるような足音がすると思ったら、桑島が白い息を吐いて走ってきた。

「なんとか、間に合ったみたいだな」

「まだ大丈夫だ、桑」

「あっ、あれじゃないすか」

 藤村が、手袋を嵌(は)めた指を空に向けた。

 その指先を追いかけると、クレムリンの屋根に二つの人影が現れていた。

 土井垣は時間を記録しておかなくてはと咄嗟(とっさ)にコートの左袖をまくった。腕時計の秒針がちょうど十二の位置を通過したところだった。二人のシルエットはドームの上までするすると駆け上がり、ポールから素早くソ連国旗を降ろして、そして白青赤の新しいロシア国旗を引き上げていく。旗が昇り切ったのを見て、時間を確認した。わずか三十五秒の出来事だった。

 屋根に視線を戻した時には、二人の姿は消えていた。〉(11~12頁)

 

 この件(くだり)を読んで私は、この現場を見ることが出来ずに悔しいと思った。当時、私は在ソ連日本国大使館の三等書記官だった。同年八月のソ連共産党守旧派によるクーデター未遂事件、その後、リトアニア、ラトビア、エストニアの沿バルト三国の独立とこれら三国と日本の外交関係樹立の業務に忙殺され体調を崩し、十一月末から日本に一時帰国し、治療を受けていたからだ。ソ連崩壊の過程は日本で新聞やテレビを通じて知ることになった。もし私がモスクワにいたならば、この物語の主人公たちと一緒に「赤の広場」で、赤旗が三色旗に替わる瞬間を見ていたと思う。

 私は、九二年一月末にモスクワに戻ったが、シェレメーチェボ国際空港の国境警備隊員が押した入国印には、CCCP(ソ連)ではなく、Российская Федерация(ロシア連邦)と記されていた。

 あれから三十年を経て、ロシアとウクライナの国境地帯が緊張している。連日、インターネットでロシアのテレビニュースを見ているが、三十年前、共産主義体制から解放され、ロシア人もウクライナ人も歓喜していた情況からは想像もつかないような陰鬱な雰囲気だ。私は、セルゲイ・チェシュコ(1954.1.28-2019.1.6)氏の名著『ソ連邦の崩壊:民族政治的分析』(ミクルホ・マクライ名称ロシア科学アカデミー民族学人類学研究所、一九九六年)を読み直している。同書はわずか五百部しか刊行されていないが、専門家の間では高く評価されている学術書だ。

文春文庫
崩壊の森
本城雅人

定価:1,001円(税込)発売日:2022年02月08日

電子書籍
崩壊の森
本城雅人

発売日:2022年02月08日

プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る