本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
7月号の特集は〈ミステリーの星〉と〈高校生直木賞〉。髙見澤俊彦さんの長編SF「特撮家族」もいよいよ佳境へ!

7月号の特集は〈ミステリーの星〉と〈高校生直木賞〉。髙見澤俊彦さんの長編SF「特撮家族」もいよいよ佳境へ!

文:「オール讀物」編集部

「オール讀物」7月号


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ ,#歴史・時代小説

本日発売の「オール讀物」7月号は、〈ミステリーの星〉〈第9回高校生直木賞〉髙見澤俊彦さんの話題沸騰中の長編SF「特撮家族」もいよいよ佳境を迎えています。

「オール讀物」7月号

今回の夏のミステリー特集の大きな目玉は、強力な読切です。奥田英朗さんの大人気シリーズ、「ドクター伊良部」の最新話「ラジオ体操第2」が巻頭で登場。道尾秀介さんの「その映像を調べてはいけない」と、辻村深月さんの「五年目の受験詐欺」はそれぞれに原稿用紙130枚を超す中編でスリリングな内容はもちろん、ボリューム的にも読み応え十分です。

道尾秀介さん
辻村深月さん

本誌初登場となる五十嵐律人さんは、司法修習生時代にデビューし弁護士資格を有しています。その知識を存分に活かし、「被告人の噓が見抜ける」という変わり者の裁判官による法廷ものを寄稿。今後のシリーズ化の期待大の作品です。一方、石田衣良さんの「ペットショップ無惨」は、IWGPシリーズ18の最終話。今回もマコトとキングが悪徳ペットショップ業者と対峙、池袋を舞台にどのような決着をつけるのか!? ぜひご自身の目で確かめてみてください。

本誌初登場の五十嵐律人さん

第9回を迎えた高校生直木賞には、逢坂冬馬さんの『同志少女よ、敵を撃て』が選ばれました。史上最多となる38校の生徒たちは、どのような議論を重ねて、「自分たちの一冊」を選び出したのか――実行委員会代表の伊藤氏貴さん(明治大学文学部教授)がグラビアとともにレポートします。

『同志少女よ、敵を撃て』で第9回高校生直木賞を受賞した逢坂冬馬さん

逢坂さんだけでなく、候補者の一穂ミチさん今村翔吾さん佐藤究さん澤田瞳子さん米澤穂信さんによる、エッセイ「高校時代にこんな本を読んできた」や、石井光太さんの教育現場ルポ「国語力を磨く最先端授業」も併せ、改めて<読書体験>の重要性を気づかせてくれる特集となりました。

高校生直木賞の詳細は公式HPをご覧ください

さらにいよいよクライマックスを迎え、衝撃の展開から目が離せない、髙見澤俊彦さんの「特撮家族」、文藝春秋100周年企画で、門井慶喜さんが手がける創業者・菊池寛の評伝小説「寛(ひろし)と寛(かん)」、さらに澤田瞳子さん宮城谷昌光さんによる傑作歴史小説、もちろん人気コラムや連載小説も大充実です。

髙見澤俊彦さんの「特撮家族」はいよいよ終盤へと大詰め

また先日発表になったばかりの第167回直木賞候補作ですが、

河﨑秋子さん 『絞め殺しの樹』
窪美澄さん 『夜に星を放つ
呉勝浩さん 『爆弾』
永井紗耶子さん 『女人入眼』
深緑野分さん 『スタッフロール

5人の候補者の全員が、自身の候補作品について語ったインタビューが掲載されています。選考会は来月7月20日(水)、選評や受賞作の抄録は「オール讀物」9・10月合併号に掲載されます。引き続きこちらにもぜひご注目ください!


「オール讀物公式Twitter」ではイベント情報など最新情報を発信しています。
ぜひフォローしてください!

オール讀物をフォロー

オール讀物2022年7月号

文藝春秋

2022年6月22日 発売

単行本
夜に星を放つ
窪美澄

定価:1,540円(税込)発売日:2022年05月24日

電子書籍
夜に星を放つ
窪美澄

発売日:2022年05月24日

単行本
スタッフロール
深緑野分

定価:1,870円(税込)発売日:2022年04月13日

電子書籍
スタッフロール
深緑野分

発売日:2022年04月13日

プレゼント
  • 『熱源』川越宗一・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/7/6~2022/7/13
    賞品 『熱源』川越宗一・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る