作品紹介

戦後ハリウッドの映画界でもがき、爪痕を残そうと奮闘した特殊造形師・マチルダ。
脚光を浴びながら、自身の才能を信じ切れず葛藤する、現代ロンドンのCGクリエイター・ヴィヴィアン。
CGの嵐が吹き荒れるなか、映画に魅せられた2人の魂が、時を越えて共鳴する。

特殊効果の“魔法”によって、“夢”を生み出すことに人生を賭した2人の女性クリエイター。その愛と真実の物語。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
科学や時代の進歩のあまりの速さに、頭ではなく、心が置いてけぼりになってしまうことがありませんか? 特に仕事において、アナログのモノ作りに誇りを持っている人たちは、それまでの自分たちの人生までもが否定されているかのような心境になってしまうこともあるかもしれません。
そんなデジタル化の嵐は、映画業界ではずっと早く訪れていました。かつて、映画の“魔法”といえば、特殊メイクなどに代表される特殊造形のことでしたが、21世紀の訪れのずっと前にCGが少しずつその座を奪い始めていたのです。
時代の変遷のなかで、クリエイターたち、特に手仕事で特殊効果を生み出していた特殊造形師たちの葛藤を描いたのが本作です。映画の裏舞台でもがき、闘い続けた人間たちの人生を、深緑さんは驚異的な取材力と映画への溢れんばかりの愛情を持って描きました。
読後、アナログの時代も、デジタルの時代も、クリエイターたちのモノ作りへの情熱と愛情は不変である、というシンプルな真実に胸打たれます。深緑さんの映画愛、クリエイター愛に満ちた、著者渾身の人間賛歌、どうぞお楽しみ下さい。  
商品情報
書名(カナ) スタッフロール
ページ数 472ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2022年04月14日
ISBN 978-4-16-391518-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る