本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
1つの街を舞台に5つの世界線が5ジャンルの小説で交わる!?――『ノウイットオール あなただけが知っている』(森バジル)

1つの街を舞台に5つの世界線が5ジャンルの小説で交わる!?――『ノウイットオール あなただけが知っている』(森バジル)

「オール讀物」編集部

Book Talk/最新作を語る

出典 : #オール讀物
ジャンル : #小説

『ノウイットオール あなただけが知っている』(森 バジル)

 ある選考委員から「我々への挑戦状ではないか」との言葉も飛び出した作品が、第30回松本清張賞を受賞した。

「前回の松本賞でも最終候補に残ったのですが、その小説は自分で納得できるクオリティではなかった。だからこそ今回は『これで世に出たい』と思える物語を目指して、執筆しました。『挑戦状だ!』と思って書いたわけではありませんが、自分のやりたかった表現を追求できた作品です」

 選考会で物議を醸した理由は、見たことのないその小説の構成にある。

 第1章は、ブラック・ジャックよろしく、高額な依頼料を要求する探偵が登場する本格推理小説。ところが一転、次の第2章では、高校生の男女コンビがM-1グランプリ優勝を目指す眩しい青春小説が描かれる。続いて科学小説、幻想小説、恋愛小説とジャンルを変えながら物語は進んでいく。

「10代の頃に読んだ『桐島、部活やめるってよ』や『チルドレン』といった小説から、完結した物が連なっていく面白さを知りました。各篇違うジャンルで連作短篇を構成したら、誰も見たことのない物語になるんじゃないかと思ったんです」

 実は森さん、今回が2度目のデビューになる。

「社会人になってから、ライトノベルの新人賞であるスニーカー大賞に応募。優秀賞を頂きデビューしました。一方で、ラノベを取り巻く情勢だったり、何よりも自分の書きたいものが変化しているとも実感していて、思い切って再チャレンジしました。思えば中学生で初めて挑んだのは純文学の新人賞でしたし、書きたい気持ちはそのまま、目指す小説は変わり続けています」

 タイトルの「ノウイットオール(know it all)」は「すべて知っている」とも直訳できるが、もう1つ“知ったかぶり”という意味も持つ。

「相手のことを100パーセント知るのは不可能で、誰かに言及するときは必ず“知ったかぶり”な言葉を孕むことになると思うんです。よく知る人物の未知の領域に、とんでもない秘密が隠れていることだってありえる。いまあなたの隣にいる人が、実はある大事件の主人公かもしれない。そう思うと、ロマンがありませんか?」

 たとえば、名探偵が頭を悩ます事件の真相を、別の種族がよく知っているかもしれない。校内のかわいい女子を巡る争いが、時空を超えた世界で繰り広げられているかもしれない。

「読者の方だけが、この街で起こったことの全容を目撃できる。登場人物たちの“知ったかぶり”を『あなただけが知っている』物語でもあるんです」


もりばじる 1992年宮崎県生まれ。2018年、スニーカー大賞《秋》優秀賞を受賞し、『1/2―デュアル―死にすら値しない紅』を刊行。23年、本作で第30回松本清張賞を受賞し再デビュー。


(「オール讀物」8月号より)

単行本
ノウイットオール
あなただけが知っている
森バジル

定価:1,760円(税込)発売日:2023年07月05日

電子書籍
ノウイットオール
あなただけが知っている
森バジル

発売日:2023年07月05日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る