本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【千早茜さん新刊『マリエ』発売記念!】千早茜さん×村山由佳さん「恋愛小説」書き方講座

【千早茜さん新刊『マリエ』発売記念!】千早茜さん×村山由佳さん「恋愛小説」書き方講座

「オール讀物」編集部

2023年9月23日(祝)18:00~19:30 リアル会場開催 限定先着100席(イベント後『マリエ』『ある愛の寓話』持参の方向けのサイン会開催)&Zoomウェビナー同時生配信(アーカイブあり)


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ

『マリエ』(千早 茜)

千早茜さんの最新長編『マリエ』(文藝春秋)が8月25日に発売されます。本作の発売を記念して、作家としての大先輩であり、ふだんから親交の深い村山由佳さんをお招きして、「恋愛小説」書き方講座を開催します。

『しろがねの葉』で第168回直木賞を受賞、次々に意欲的な作品を上梓されている千早さんですが、『マリエ』は初めて自身と等身大の女性を主人公にした作品です。

物語は、主人公の「桐原まりえ」が40歳を目前に離婚したところから始まります。離婚、久しぶりの独り暮らしで感じる自由、年下の恋人……『マリエ』のモチーフやテーマには、千早さんご自身の体験も色濃く投影されているそうで、実際に自分が経験した現実をフィクションへと昇華するにはどのような技術が必要なのか、具体的な方法論について聞くことができそうです。また、千早さんがこれまでの自作のなかで“唯一の恋愛小説”と位置付けているという『神様の暇つぶし』についても改めてお話しいただきます。

一方、村山由佳さんは『ダブル・ファンタジー』『ミルク・アンド・ハニー』をはじめとする“自身の実体験に根ざした”性愛を大胆に描く大人の恋愛小説はもちろん、実在の人物をとりあげた『風よ あらしよ』『二人キリ』、人ならざるもの・形のないものとの交歓を追求する短編集『ある愛の寓話』に至るまで、バラエティに富んださまざまな愛の形に挑みつづけています。恋愛小説の名手・村山さんは、どのようにして多くの作品を世におくり出してきたのか――千早さんとの共通点や、逆にまったく違うところもふくめて、作家どうしならではのきわめて実践的で深い講座となりそうです!

またリアル会場参加で当日『マリエ』と『ある愛の寓話』をご持参いただいた方向けに、お二方のサイン会を開催します(サイン対象本は『マリエ』『ある愛の寓話』のみで、おひとり様1冊に限らせていただきます)。上記のようなイベント内容ですので、ご参加の際にはぜひ千早茜さんの『マリエ』、村山由佳さんの『ある愛の寓話』を読了しておいていただければ幸いです。

開催概要・お申し込み

日時 2023年9月23日(土・祝)18:00~19:30
(リアル開場イベント後サイン会~、21時頃終了予定)

※2023年9月27日(水)よりアーカイブ配信予定~(11月30日(木)23:59まで)。
場所 文藝春秋本館B1ラウンジ
チケット ①リアル会場参加+アーカイブ視聴 2,200円(税込)
 ※限定。100席(『マリエ』『ある愛の寓話』ご持参の方には、イベント後サイン会にご案内します)

②『マリエ』サイン本+『ある愛の寓話』サイン本+オンライン生配信+アーカイブ視聴 5,000円(税込)
 ※イベントチケット代の中に『マリエ』と『ある愛の寓話』(各1,870円)のサイン入り書籍代、送料も含まれます。限定50枚。

③『マリエ』サイン本+オンライン生配信+アーカイブ視聴 3,500円(税込)
 ※イベントチケット代の中に『マリエ』(1,870円)のサイン入り書籍代、送料も含まれます。

④オンライン生配信+アーカイブ視聴 1,100円(税込)
 ※オンライン生配信のご視聴につきましては、チケット購入後、イベントの参加方法の部分にご視聴いただくためのURLをご案内しますのでそちらよりご覧ください。
 ※アーカイブ視聴については、イベント終了後に改めてURLをお送りします。
場所 Zoomウェビナーによる生配信&アーカイブ配信
申込先 https://chihaya-marie.peatix.com
※チケットの販売開始は2023年8月19日(土)正午です。

お申込はこちら

主催 文藝春秋「オール讀物」編集部
問合せ ooru@bunshun.co.jp

 

ゲスト

千早茜(ちはや・あかね)

1979年生まれ。幼少期をアフリカで過ごす。立命館大学文学部卒業。2008年「魚神」(「魚」から改題)で回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。翌年『魚神』にて泉鏡花文学賞を受賞。13年『あとかた』で島清恋愛文学賞、21年『透明な夜の香り』で渡辺淳一文学賞、23年『しろがねの葉』で直木賞を受賞。

村山由佳(むらやま・ゆか)

1964年7月東京都生まれ。立教大学卒業。1993年『天使の卵 エンジェルス・エッグ』で小説すばる新人賞を受賞し、作家としてデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。2009年『ダブル・ファンタジー』で柴田錬三郎賞、中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞を受賞。2021年『風よ あらしよ』で吉川英治文学賞を受賞。

単行本
マリエ
千早茜

定価:1,870円(税込)発売日:2023年08月25日

電子書籍
マリエ
千早茜

発売日:2023年08月25日

単行本
ある愛の寓話
村山由佳

定価:1,870円(税込)発売日:2023年01月10日

電子書籍
ある愛の寓話
村山由佳

発売日:2023年01月10日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る