本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
指名手配犯を追う二人の女性刑事――『緊立ち 警視庁捜査共助課』(乃南アサ)

指名手配犯を追う二人の女性刑事――『緊立ち 警視庁捜査共助課』(乃南アサ)

「オール讀物」編集部

Book Talk/最新作を語る

出典 : #オール讀物
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『緊立ち 警視庁捜査共助課』(乃南 アサ)

 警察小説の名手・乃南アサさんが、『自白 刑事・土門功太朗』以来、13年ぶりに描いたのは、指名手配犯を追いかける刑事たちの姿だ。主人公は、警視庁刑事部捜査共助課の二人の女性刑事、川東小桃(かわとうこもも)と佐宗燈(さそうあかり)。小桃は、手配犯の顔写真から顔、特に目元を記憶し、雑踏に立っていつ通るとも知れないその人物を探し出す「見当たり捜査班」に所属している。

「見当たり捜査のことは以前から知っていましたが、知れば知るほど、興味が深まっていったんです」

 見当たり捜査官は、所在不明の被疑者700名あまりの顔をすべてインプットし、瞬時に見つけることができる、まさにスペシャリスト。一方、広域捜査共助係に所属する燈は、複数の都道府県をまたいで逃亡した手配犯を追って全国を飛び回る。電話の通話記録や家族の証言など細かい手掛りから犯人の所在を絞り込み、長期間の張り込みもいとわない。

 そんな刑事たちにも私生活ではままならない悩みがあった。激務がゆえに、小桃は夫と不仲となり、離婚の危機に。また、燈も夫が父親の介護に専念するために休職し別居中である。

 刑事として生きる職人的パートと、一人の女性として生きるパートが、日常と非日常の対比のようにうまく絡み合い、物語に奥行きを与える。

「刑事といえど、家に帰れば、夫婦のすれ違いや介護問題と向き合う普通の人間なんですよね。刑事という職業を選んだ人間がどう生きていくのか? 彼女らの人生のいろいろな側面も描きたいと思いました」

『緊立ち』というタイトルも謎めいていてとても魅力的だ。

「この言葉を聞いたとき、タイトルはこれしかないと感じました。指名手配犯が今ここにいるという情報が入り、捜査員たちに発令される『緊急立ち回り情報』という用語は、とにかくテンションが上がるフレーズでした」

 見当たり捜査の手法のディテールにも驚くが、特殊詐欺やマッチングアプリでの性犯罪など、世相を表わす犯罪も迫真のリアリティで描かれる。

「久しぶりに警察を描くので、あれこれ勉強して、様々な発見がありました。細かいことでいうと、警察手帳を《パア》と言いますがこれは、警視庁だけが使う用語なんです。捜査手法も自白に頼る時代から、監視カメラを多用し犯人を追い詰めるというように、昭和と令和ではすっかり変わってきていることを実感しました。そんな現代に特殊能力と張り込みという地道な捜査で、犯人を追い詰める刑事たちの物語を楽しんでもらえたらと思っています」


のなみあさ 1988年デビュー。96年『凍える牙』で直木賞、2011年『地のはてから』で中央公論文芸賞、16年『水曜日の凱歌』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。


(「オール讀物」11月号より)

単行本
緊立ち 警視庁捜査共助課
乃南アサ

定価:1,980円(税込)発売日:2023年09月22日

電子書籍
緊立ち 警視庁捜査共助課
乃南アサ

発売日:2023年09月22日

雑誌・ムック・臨時増刊
オール讀物2023年11月号
オール讀物編集部

定価:1,100円(税込)発売日:2023年10月20日

プレゼント
  • 『星落ちて、なお』澤田瞳子・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/4/9~2024/4/16
    賞品 文庫『星落ちて、なお』澤田瞳子・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る