本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
第1回「ミステリー通書店員が選ぶ 大人の推理小説大賞」受賞作決定のお知らせ

第1回「ミステリー通書店員が選ぶ 大人の推理小説大賞」受賞作決定のお知らせ

文:「オール讀物」編集部


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ

第1回「大人の推理小説大賞」選考会は、3月13日15:00より文藝春秋本館にて行われ、『悪逆』黒川博行(朝日新聞出版)の受賞が決定しました。

『悪逆』黒川博行(朝日新聞出版)

『悪逆』(朝日新聞出版)黒川博行
著者プロフィール

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)
1949年、愛媛県生れ。京都市立芸術大学卒業後、高校で美術の教鞭をとる。86年『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞、96年『カウント・プラン』で第49回日本推理作家協会賞、2014年『破門』で第151回直木賞、20年に第24回日本ミステリー文学大賞、24年『悪逆』で第58回吉川英治文学賞を受賞する。『疫病神』『国境』『悪果』『螻蛄』『後妻業』『泥濘』『桃源』『騙る』等がある。


第1回「大人の推理小説大賞」は、令和5年1月1日~12月31日に刊行された単行本の中から、文芸評論家の池上冬樹、香山二三郎、西上心太の3氏の推薦をもとに、下記5作品を候補作として決定しました。

『777 トリプルセブン』伊坂幸太郎(KADOKAWA)
『サイケデリック・マウンテン』榎本憲男(早川書房)
『四日間家族』川瀬七緒(KADOKAWA)
『悪逆』黒川博行(朝日新聞出版)
『負けくらべ』志水辰夫(小学館)

本年度の選考委員は、宇田川拓也(ときわ書房)、栗俣力也(TSUTAYA)、三島政幸(啓文社岡山本店)の3氏です。

選考の詳細は「オール讀物」5月号(4月22日発売)に掲載の予定です。

雑誌・ムック・臨時増刊
オール讀物2024年5月号
オール讀物編集部

定価:1,100円(税込)発売日:2024年04月22日

プレゼント
  • 『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/4/19~2024/4/26
    賞品 新書『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る