本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
日本を駄目にした政治家と官僚は誰だ? 前駐豪大使、覚悟の手記『日本外交の劣化』ほか

日本を駄目にした政治家と官僚は誰だ? 前駐豪大使、覚悟の手記『日本外交の劣化』ほか

「本書は外交官としての私の遺言だ」前駐豪大使 覚悟の手記

『日本外交の劣化』山上信吾

日本を駄目にした政治家と官僚は誰だ?

前駐オーストラリア大使が40年間の外交官人生を懸けた覚悟の手記!

「本書は、外交官としての私の遺言である。
遺言である以上、かつての先輩、同僚、後輩との人間関係に遠慮して行儀よく丸く収めることは、とうにあきらめた。むしろ、今後の日本外交のために、歯に衣着せずに、敬称を略して語ることとした。劣化の深刻さは、待ったなしだからだ」

日本外交はなぜここまで劣化したのか?
●ロビイング力の決定的不足
●惨憺たる対外発信力
●歴史問題での事なかれ主義
●日の丸を背負う気概の弱さ
●永田町・霞が関での外務省の地盤沈下
●内向き志向といびつな人事

くわしく見る


発売ラインナップ (2024/5/12~2024/5/18)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    娘が巣立つ朝
    著者名
    伊吹有喜
    発売日
    2024/05/13
    作品紹介
    それでも人はつながろうとする
    娘の婚約をきっかけに一家は荒波に揺さぶられ始める。父母そして娘。三人の心は離れたり近づいたり……つむがれていく家族の物語。
  • タイトル
    かわいないで
    著者名
    加納愛子
    発売日
    2024/05/13
    作品紹介
    人気お笑い芸人、初の中編小説集
    人気芸人でありつつ旺盛な執筆を続ける著者が、著作4冊目にして初の中編小説集を発表。無二の言語センスと観察眼が炸裂の大注目作。
  • タイトル
    笑いの正解
    著者名
    笹山敬輔
    発売日
    2024/05/14
    作品紹介
    笑って笑って66年! 舞台、映画、テレビ……。伊東四朗はいつも「そこ」にいた
    東京喜劇が野暮を嫌い、粋を重んじてきて約百年。初舞台から60年を越え、現在86歳の伊東四朗の生涯は東京喜劇史そのものである。
  • タイトル
    日本外交の劣化
    著者名
    山上信吾
    発売日
    2024/05/14
    作品紹介
    「本書は外交官としての私の遺言だ」前駐豪大使 覚悟の手記
    なし崩しの北方領土交渉、腰の引けた対中外交、慰安婦像乱立の大罪……。日本外交を劣化させてきた外務省幹部と政治家の責任を問う。
  • タイトル
    われは熊楠
    著者名
    岩井圭也
    発売日
    2024/05/15
    作品紹介
    奇人にして天才――カテゴライズ不能の「知の巨人」、その数奇な運命とは
    かつてない熊楠像で綴る、エモーショナルな歴史小説。
  • タイトル
    女の子たち風船爆弾をつくる
    著者名
    小林エリカ
    発売日
    2024/05/15
    作品紹介
    少女たちの知られざる戦争体験
    戦争末期、女学生たちが東京宝塚劇場に集められた。今日から風船爆弾を製造するのだ。膨大な資料や取材を基に描く意欲的長篇小説。
プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る