本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
東野圭吾さん『透明な螺旋(らせん)』がついに文庫に! 世界で愛され続けるガリレオシリーズ

東野圭吾さん『透明な螺旋(らせん)』がついに文庫に! 世界で愛され続けるガリレオシリーズ

「文春文庫」編集部

出典 : #文春オンライン
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

 東野圭吾さんによるガリレオシリーズ第10作『透明な螺旋(らせん)』が待望の文庫化、9月4日の発売が決定した。公開された装丁も、同シリーズの中でもひときわ印象的なものとなっている。現在、Amazonほかネット書店で、予約を受付中だ。

 ストーリーは「房総沖に男の銃殺死体が浮かんだ。同時に警察に行方不明者届を出していた同居する女が失踪。警視庁捜査一課刑事・草薙俊平と内海薫は、事件を捜査する過程で、ガリレオこと天才物理学者・湯川学の名前に行き当たる。草薙が湯川の住む横須賀のマンションを訪れると、そこで湯川は意外な生活をしており……」というもの。

 本作では、これまで誰も知らなかった、湯川の驚くべき秘密が明かされる。殺人事件の捜査と並行してその謎が解き明かされる過程は、シリーズのファンならずとも必読だ。さらに、スペシャルボーナストラックとして、最新短篇「重命る(かさなる)」も収録されている。

 ガリレオシリーズは、天才物理学者・湯川学を主人公に、彼が持つ科学的知識と鋭い洞察力で謎を解明していく、超人気ミステリーシリーズ。湯川の親友であり刑事の草薙俊平や、後に捜査に加わる女性刑事の内海薫も、物語の重要なキャラクターとして登場。彼らの活躍を通じて、科学と犯罪、そして人間ドラマが交錯するストーリーが展開される東野圭吾さんの代表作で、国内累計発行部数は1,500万部を突破している。また、ドラマ・映画版では福山雅治さんが湯川学を演じて大ヒット、ファンの間では新作の制作も待ち望まれている。

文庫『透明な螺旋』書影。装画は吉實恵さんによるもの

ガリレオシリーズ主要キャラクター

●    湯川学(ガリレオ): 帝都大学の教授であり、物理学の専門家。変人ではあるが、冷静沈着で合理的な思考を持ち、科学の知識を駆使してさまざまな事件を解決してきた。

●    草薙俊平: 湯川の大学時代からの親友で、警視庁捜査一課の刑事。湯川とは対照的に直感と経験を重視するが、二人の友情と信頼関係は非常に厚い。

●    内海薫: 草薙の部下であり、湯川とも強い信頼関係を築く女性刑事。鋭い洞察力と直感を持ち、湯川とのコンビで多くの事件を解決してきた。

世界36カ国語に翻訳されているガリレオシリーズの魅力

 ガリレオシリーズは世界36カ国語に翻訳され、多くの国で読者を獲得している。中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、タイ語、ベトナム語などの東アジア圏の言語から、英語、フランス語、ドイツ語といった欧米の主要言語、さらにリトアニア語やアイスランド語、アルバニア語といった非常に珍しい言語にも訳されている。また今回、各国の担当者からガリレオシリーズおよび『透明な螺旋』への熱いコメントが届いている。

アメリカ版担当者のコメント: 
「ガリレオシリーズは、『容疑者xの献身』で英語圏に紹介され、その後も数十万人の読者に愛されています。東野圭吾さんは英語圏で最も翻訳されている日本のミステリー作家であり、ガリレオシリーズは日本文化と社会の窓口としても、多くのファンに愛されています。次の作品を心待ちにする読者たちのために、『透明な螺旋』で湯川学が再び登場してくれたのは、非常に嬉しいことです」

英語版『透明な螺旋』書影。英語タイトルは「Invisible Helix」

繁体字版担当者のコメント:
 「『ガリレオ』が誕生した日から、湯川学は台湾読者から最も愛される理系男子となりました。ガリレオシリーズが28周年を迎えようとしている今、湯川は大きな変化を成し遂げました――合理性を何よりも優先して難事件を次々と解明する天才科学者から、感情豊かで人間味のある『人』になったのです」

簡体字版担当者のコメント:
 「『透明な螺旋』は、東野先生のガリレオシリーズをさらに飛躍させたと考えています。今回のヒロインの生い立ちには女性たちの悲劇的な運命が絡み合い、それを乗り切ろうともがく姿が描かれています。その血を超えた人間同士の絆が、読者の心を動かすことでしょう」

簡体字版『透明な螺旋』発売時、書店店頭で大々的に展開された

韓国語版担当者のコメント: 
「探偵ガリレオシリーズは、ミステリーの帝王である東野圭吾さんの数多くの名作の中でも、作家のアイデンティティが最もよくあらわれた代表作品です。何にも代えられない作家の筆力と無限の想像力に満ちたこのシリーズは、科学、人間、社会、正義に関して絶えず考えさせられる、一連の人生の教科書です」

 中国や台湾、韓国の書店では、ガリレオシリーズの新作が出版されるたび、店頭で大量に平積みにされ、大々的に展開されている。ガリレオシリーズは世界中の読者から愛されており、特にアジアで絶大な人気を誇っている。『容疑者xの献身』が中国、韓国、インドで映画化されるなど、そのブームは、留まるところを知らない。

文春文庫
透明な螺旋
東野圭吾

定価:880円(税込)発売日:2024年09月04日

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

提携メディア

ページの先頭へ戻る