作品紹介

遥か昔、神郷からもたらされたという奇跡の稲、オアレ稲。ウマール人はこの稲をもちいて帝国を作り上げた。この奇跡の稲をもたらし、香りで万象を知るという活神〈香君〉の庇護のもと、帝国は発展を続けてきたが、あるとき、オアレ稲に虫害が発生してしまう。
時を同じくして、ひとりの少女が帝都にやってきた。人並外れた嗅覚をもつ少女アイシャは、やがて、オアレ稲に秘められた謎と向き合っていくことになる。

『精霊の守り人』『獣の奏者』『鹿の王』の著者による新たなる代表作の誕生です。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
2021年の初秋、その原稿は突然届きました。自分が初めて著者にお目にかかったのは、ある文学賞の贈呈式にて8年ほど前のことですが、前任の編集者たちが原稿を初めて依頼してからは20年(!)もの年月が経っていました。今の部署に来た巡り合わせで上橋さんの本を作ることが出来る自分は何と幸運なことでしょう。上下巻となる大作は一読して惹き込まれ、今の時代だからこそ読まれるべき作品だと強く感じました。
そこからが怒濤の日々でした。ファンタジー小説とはいえ細かなファクトにこだわられる上橋さん。地理や植物、香りといった今回の物語のベースとなる分野の専門家の方々に次々と教えを請いつつ、物語にはさらに命が吹き込まれて行きましたが、その分、締め切りの時間は押していくばかり……。
ですが、最終的に完成した物語の力は言わずもがなです。多くの読者に読んでいただきたいと思います。
目次
序章 青い花

第一章 出会い    
 一、リタラン
 二、香りのない毒
 三、凍草
 四、香りの声
 五、オアレ稲
 六、青香草を抱く者

第二章 オリエ      
 一、香君宮
 二、オリエ
 三、肥料の秘密
 四、月下の人影
 五、オリエとアイシャ
 六、隠し部屋
 七、オリエとマシュウ

第三章 異郷から来た者  
 一、山荘の日々
 二、雪オミの木
 三、西の畑
 四、露見
 五、朝食
 六、『旅記』
 七、母たちの来し方
 八、皇祖が来た道
 九、喜びと悲嘆の稲
 十、夕暮れの風
 十一、香君の〈世界〉

第四章 オゴダの秘密
 一、オオヨマ
 二、〈祈願の鳩〉の占い師
 三、略取
 四、追跡
 五、生け捕り
 六、オゴダ藩王母
商品情報
書名(カナ) コウクン ジョウ ニシカラキタショウジョ
ページ数 440ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年03月25日
ISBN 978-4-16-391515-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る