本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
〈特集〉浅田版「新選組」──新選組が出ていったときはスッとしたそうです

〈特集〉浅田版「新選組」──新選組が出ていったときはスッとしたそうです

「本の話」編集部

八木喜久男(八木家十五代当主)

出典 : #本の話
ジャンル : #歴史・時代小説

──母子三人で?

 それはもう大変なことになっているわけですからね。弟の勇之助は右足を刀で斬られて怪我をしています。為三郎は十二、三歳。いまでいえば、ちょうど中学へ行くか行かないかぐらいですね。勇之助はそれより五つ、六つ下のはずです。

──でも、びっくりしたでしょうねえ。

 それは驚いたと思いますね。最後は芹沢の首が飛んだというんですから。おまさおばあさんは「首が飛んだ」とは言わずに、「首が胴から離れていた」と表現していたそうです。芹沢の腹心の平山五郎も、愛妾のお梅も即死状態でした。でもこの事件のことについては、外では決して口にしなかったみたいです。しっかりした、気丈な人だったようです。

──斬られた芹沢が、おまささん母子の寝ていた部屋の障子を蹴破ってきたということですが……。

 ええ、そうです。どうもその障子が邪魔になって逃げられず、幾太刀も浴びて刀を抜けなかったようですね。

──おまささんは芹沢たちを斬った者の顔も見ているんですか。

 ええ。どうも刺客は土方や沖田らだったと言っています。雨のものすごいきつい夜で、ひどく寝苦しかったようです。それでなかなか寝つかれなかったところに、芹沢、平山、平間重助が土方を伴って島原から帰ってきた。静かになったと思ったら、しばらくして庭に人の気配がしたそうです。おかしいなあ、もう帰ってきているのにと思っているうちに、乱闘が始まったそうです。

 うちでは、芹沢を襲ったのは近藤勇一派だということは定説になっています。はっきりと、土方だった、原田(左之助)だった、山南(敬助)だったという話が残っていますから。

文春文庫
輪違屋糸里 上
浅田次郎

定価:693円(税込)発売日:2007年03月09日

文春文庫
輪違屋糸里 下
浅田次郎

定価:715円(税込)発売日:2007年03月09日

文春文庫
浅田次郎 新選組読本
浅田次郎 文藝春秋

定価:713円(税込)発売日:2007年09月04日

プレゼント
  • 『墜落』真山仁・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/6/24~2022/7/1
    賞品 『墜落』真山仁・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る