書評

本の内容が古びなかったことを喜ぶべきか、「変わらない日本」を嘆くべきか

文: 池上 彰 (ジャーナリスト・東京工業大学教授)

『この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義 世界篇』 (池上彰 著)

 2012年4月から東京工業大学の学部生を対象に講義を持っています。私が所属するのはリベラルアーツセンター。理系の大学ですが、文系の一般教養も身につけてもらおうという組織です。

 最近は全国各地の大学がリベラルアーツ教育の大切さを強調するようになりました。専門性も大事ですが、その前に、人間としての教養が必要だと多くの人が考えるようになったからです。

 私が担当するのは、日本と世界の現代史や現代社会の仕組み、日々のニュースの背景分析などです。現代を理解するためには、その因って来たる所以を知らなければならないからです。

 この本は、そのうちの「現代世界の歩き方」と題した授業の内容をまとめたものです。同年秋に単行本を刊行したところ、幸い多くの読者を得ました。そこで、こうして文庫になりました。

 大学生向けの講義ではありましたが、現代人として知っておくべき内容だと受け止めてくださった方が多かったためと思います。

 東工大生は理系のエリート学生たち。その分、社会のことに関心が薄かったり、知識が少なかったりする傾向があります。もちろん全員がそういうわけではありませんが。そうした学生たちにもわかってもらいたいと考えて厳選した内容だけに、一般の人にも理解しやすいものになったのではないでしょうか。今回、文庫化に当たり、その後の情勢変化に合わせて加筆修正しました。

 単行本が出た後、日本そして世界はどう変わったのか。2011年3月の東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故は、いまだに収束しているとは言えない状態です。原子炉の廃炉に向け、原子炉建屋や原子炉の炉内に取り残された燃料棒の取り出し作業は始まったばかり。まだ何年も続きます。2020年の東京オリンピックが開かれるときも、作業は続いているのです。

 さらに、原子炉の西側で豊富に湧き出る地下水が炉の下を通るため、そこで汚染されています。この汚染水が海に流れ出ていかないように、タンクに溜め続けています。タンクの数はひたすら増えています。

 そんな状態の中で、事故をきっかけに止まっていた他の原発は、再稼働に向けて動き出しました。

 しかし、運転を再開すれば、使用済み燃料棒は再び増え始めます。使用済み核燃料は、どこで最終処分するかが決まらないまま。

 とりあえず問題は先送りする。その体質に変化はありません。

 一方、日本周辺の領土問題も、解決の糸口は見えないままです。北方領土問題ばかりでなく、竹島をめぐって韓国と、尖閣諸島をめぐって中国と、いずれも摩擦は絶えません。

 世界のどこでも、隣の国同士は仲が悪いもの。そんな普遍的な傾向を理解しつつも、歴史問題をどう処理するか等々、課題は山積したままです。ここでも、過去の問題先送りが事態を悪化させてきました。

 では、日本国憲法の改正問題は、どうか。2014年、安倍晋三内閣は、「集団的自衛権」の憲法解釈を変え、日本国憲法は集団的自衛権を禁じていないという解釈を打ち出しました。

 自衛権には、「個別的自衛権」と「集団的自衛権」があります。日本は、国家として自衛権を保持するけれど、集団的自衛権は、憲法第九条が禁止している。ゆえに集団的自衛権は持っているが使えない。これが、歴代内閣が、内閣法制局の判断に従ってきた見解でした。

【次ページ】

この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう
池上彰教授の東工大講義 世界篇

池上彰・著

定価:本体510円+税 発売日:2015年03月10日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら



こちらもおすすめ
インタビューほか「この国は戦争に巻き込まれる」 池上彰×佐藤優 2人の論客が表の顔と裏の顔で語り合った愛国対談(2014.11.20)
特設サイト池上 彰『学校では教えない「社会人のための現代史」』(2013.10.11)
インタビューほか「ニュースがわからない」不安を解消(2013.04.25)
特設サイト池上 彰『この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」』(2013.03.26)
書評自由になるために必要なこと(2012.11.15)
書評今こそ、書物の力を見直したい(2011.07.20)
書評知識が力となるために(2010.11.20)