本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
黒澤明との20年

黒澤明との20年

芝山 幹郎

『黒澤明という時代』 (小林信彦 著)

出典 : #本の話
ジャンル : #ノンフィクション

小林信彦氏

芝山  それと、やはりキャメラの宮川一夫ですね。黒澤さんは横移動の際に、スピード感やダイナミズムを作り出すのがうまい。次の『白痴』も面白いと思うんですよ。

小林  まず、森雅之のムイシュキンがいいんです。

芝山  『白痴』は名画座で観たころ、仲間の学生の間ではずいぶん評判の悪い映画だったんです。こんなに面白いのを、なんでみんな悪く言うんだろうと思ってました。

小林  また久我美子がいいんですよ。当時の彼女は堀北真希そっくりで(笑)。

芝山  それに、原節子がやたらに目を剥いて、批評家にずいぶん貶(けな)されたらしいですけど、あれだけ柄が大きくて、物狂いの感じを出せるのはやっぱり稀有な人だと思います。しかも、小津の『麦秋』と同じ公開年なんですよね。

小林  しかし、『生きる』と『七人の侍』を続けて作ってるっていうのはすごいなあ。

芝山  ほんとに。黒澤明って、いわゆる早熟型とか晩成型とかで分類すると、実はものすごい早熟というわけでもないし、晩年になって枯れていい作品を作ってるわけでもない。むしろ、中年期や壮年期に大爆発しているというタイプの才能なんですね。

小林  そうそう。『生きる』は、やっぱり素晴らしいですものね。

芝山  黒澤さんのいわゆる「何かを言いたい映画」の代表ではあるんだけれども、その臭みが少ない映画なんですね。やはり役者がいい。

小林  初めは時間を順に追っていくはずだったんですってね。そしたら小国(おぐに)英雄が脚本(ほん)を見て、「こんなんじゃ駄目だ」って、それで、途中からいきなりお葬式になることにしちゃった。僕が好きなのは、ものすごい人数入れて市村俊幸がピアノを弾くところ。また、セットにキャバレーを作って、そこに倍のダンサーを入れたそうです。

芝山  ああいう群像シーンになると強いですねえ。

小林  『白痴』は別として、それまで、アクションの人だと思っていたから、「この人ちょっと違ってきたな」という感じがしました。脚本に小国英雄さんが入ってるせいだと言うけど、それだけじゃない。あの父子の感じというのは、すごい寂しいでしょう。

芝山  一種の化学変化が起きちゃうんですよね。

黒澤明という時代
小林 信彦・著

定価:1750円(税込) 発売日:2009年09月12日

詳しい内容はこちら

プレゼント
  • 『特撮家族』髙見澤俊彦・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/03/31~2023/04/07
    賞品 『特撮家族』髙見澤俊彦・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る