コラム・エッセイ

雇用機会均等法から約30年 働く女性は、しあわせになったか

上野 千鶴子 (東京大学名誉教授)

『女たちのサバイバル作戦』 (上野千鶴子 著)

「使い倒す」か「使い捨てる」か

『女たちのサバイバル作戦』 (上野千鶴子 著)

 ネオリベと「男女共同参画」とナショナリズムとのあいだには、奇怪な関係があります。ネオリベ政権は「女性の活用」がお好き。それなのにネオコンと結託してナショナリズムを煽り、ネオリベ改革でワリを食ったネトウヨが女叩きに走る……安倍総理を見ていると、その関係がよ~くわかります。なんでこうなるの? という謎も本書で解きました。

 政府も企業も女を「活用」する気でいます。使える女は「男なみ」に。そうでない女はつごうのよい使い捨てに。総合職正社員は連日の残業で結婚も出産もできないぐらいテンパっています。子どもを産んだばっかりにマミートラックにはまって抜けだせなくなり、くさっている女子社員もいます。これまで女の定食コースだった一般職は崩壊し、派遣やパートに置きかわってきました。契約終了や派遣切りに怯える女性たちは、将来プランも立てられません。これまで女は職場進出をのぞんできましたが、こんな働き方をのぞんだわけではありませんでした。

 その結果は、想定以上の少子化でした。女が子どもを産んでくれない! と政財界は悲鳴をあげていますが、暮らしの安定のないところで、女は子どもを産む気になれません。昨今のマタハラ報道やベビーバギー論争をみていると、この国は女に子育てを押しつけてあとは知らん顔をしている、「子どもギライ」の社会だと思えてなりません。こんな社会で、少子化が改善するきざしはないと言ってよいでしょう。

女たちのサバイバル作戦上野千鶴子

定価:本体800円+税発売日:2013年09月20日


 こちらもおすすめ
特集とどめを刺さず、もてあそべ。そのモヤモヤは上野千鶴子のひとことで解決(2016.01.29)
インタビューほか働く女子は活躍できるのか? 濱口桂一郎×上野千鶴子、"組織の論理"と"女性の論理"が大激論!(前編)(2016.02.02)
インタビューほか働く女子は活躍できるのか? 濱口桂一郎×上野千鶴子、"組織の論理"と"女性の論理"が大激論!(後編)(2016.02.03)