2015.08.04 書評

ビジネスパーソンと学生に真に有用な「武器」を贈る

文: 佐藤 優

『知の教室 教養は最強の武器である』 (佐藤優 著)

 本書は、がっついたビジネスパーソンや学生を念頭に置いた実践書だ。最近は、大学でも「すぐに役立つ事柄」すなわち実学を重視する傾向が強まっている。成果主義、弱肉強食の競争が加速している中で、実務に役立たない教養などに時間を割いても無駄だと考えている人も少なくない。しかし、それは間違いだ。すぐに役立つような知識は賞味期限が短い。

 何の役にも立たないように見える教養こそが、中長期的視点からは、役に立つのだ。筆者は、キリスト教神学という、まったく役に立たない知識を大学と大学院で身につけた。教養を身につけることは神学研究の大前提になる。若い頃に教養と真面目に向き合う習慣をつけたことが、外交官になってからソ連崩壊を正確に予測すること、さらにロシアの政治エリートに人脈を構築する上で役に立ったし、また鈴木宗男事件に連座し、東京地方検察庁特別捜査部に逮捕された経験を持ちながらも、その後、社会的に復活することができる武器になったと思っている。

 この武器を読者とも共有したいと思い、本書を上梓した。

二〇一五年六月二十三日

(「まえがき」より)

知の教室 教養は最強の武器である
佐藤優・著

定価:本体850円+税 発売日:2015年08月04日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特設サイト佐藤 優セレクション『文藝春秋 戦後70周年新書フェア』(2015.07.03)
インタビュー・対談禅宗寺院の最高峰、京都・相国寺で行った特別講義(2014.02.26)
書評「帝国主義」の悪魔祓いを(2012.08.08)
書評「この本は絶対に売れる!」と私が叫んだ理由(2015.03.15)
書評アフガン、イスラム国の上空に潜む 無人偵察・攻撃機はいかにして進化したのか(2015.03.02)
書評高倉健の知られざる傑作の原作 佐藤優が発見した「2・26」ドキュメント(2015.02.23)
インタビュー・対談「この国は戦争に巻き込まれる」 池上彰×佐藤優 2人の論客が表の顔と裏の顔で語り合った愛国対談(2014.11.20)
書評リークをめぐる3つの形態(2014.11.03)
書評毒のあるユーモア(2014.04.22)