インタビューほか

小説の流儀、映画の作法――横山秀夫(原作者)×瀬々敬久(映画監督)【後編】

「別冊文藝春秋」編集部

『64(ロクヨン)』 (横山秀夫 著)

ライバルであり無二の親友

横山 私は映像と活字は、文法は違うけれどもライバルだと思っているんです。

瀬々 横山さんは、映画には負けないぞという気持ちで書いていらっしゃると伺いましたが。

横山 そりゃそうですよ。今度こそは映像化できない作品を書いてやろうといつも思っています。いろいろな方に私の作品を映像化していただきましたけど、その中でも『64(ロクヨン)』はかなり難易度が高い作品だろうと思っていました。何しろほとんどが三上の想像と妄想で話が成り立っていて、動きがあまりないので、映像にしてもそんなに見栄えのする画面はできないだろうと予想していました。やっとこさ映像化できない小説を書き上げることができたとひそかに自負していた(笑)。でも前編のクライマックスがあのような形で映像化されたのを観て、映画が本気を出すと手ごわい敵になると実感させられました。

瀬々 ありがとうございます。

横山 自分の小説が映像化されたときに、私は監督がどんな人なのか想像するのを楽しみにしているんです。小説のどの部分を膨らませて、どの部分を刈り込むかには、作り手の人生観が出ますから。それで言うと、瀬々さんと私はすごく感性が近いのかなと(笑)。

瀬々 それは光栄です(笑)。横山さんの小説を読んでいると、誰も見向きもしないところに、実は大切なものがあるということを常におっしゃっているように思うんです。だからといって、それを大上段から声高に言うわけではありません。誰も見ていないかもしれないけれども、横山秀夫はその大切なものをしっかり見続けているという姿勢でしょうか。そこにすごく共感しますし、横山さんの小説を読んで刺激を受けるところです。

横山 映像と活字で、最初からお互いに没交渉で、それぞれに勝手にやるのはもったいないですよね。

瀬々 まったく同感です。それぞれが刺激を与え合っていけば、そこからまた新しいものが生まれるかもしれませんし。

横山 お互いに波が行き来するようなところで、共存していけたらいいなと思います。活字と映像はライバルと言いましたが、だからこそ無二の親友にもなれるかもしれない。

瀬々 これからもよきライバルとしてよろしくお願いします。

(二〇一六年三月七日 東京国際フォーラムにて)

撮影:白澤正

映画『64(ロクヨン)』
http://64-movie.jp/

瀬々敬久(ぜぜ・たかひさ)

瀬々敬久

1960年大分県生まれ。京都大学在学中から自主映画を製作。助監督を経て、89年『課外授業 暴行』で監督デビュー。以降、『MOON CHILD』(2003年)、『感染列島』(09年)などの作品を発表。『ヘヴンズ ストーリー』(10年)が、第61回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞とNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)の二冠。同作で芸術選奨文部科学大臣賞映画部門受賞。『アントキノイノチ』(11年)が第35回モントリオール世界映画祭でイノベーションアワードを受賞。


横山秀夫(よこやま・ひでお)

横山秀夫

1957年東京都生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業後、上毛新聞社に入社。12年間の記者生活を経てフリーライターとなる。91年「ルパンの消息」が第9回サントリーミステリー大賞佳作に選ばれる。98年「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞。2000年「動機」で第53回日本推理作家協会賞・短編部門を受賞。著書に『半落ち』『クライマーズ・ハイ』『震度0』など多数。「D県警シリーズ」の未収録作『刑事の勲章』を電子書籍オリジナル作品として主要電子書店にて発売中。

64(ロクヨン) 上
横山秀夫・著

定価:本体640円+税 発売日:2015年02月06日

詳しい内容はこちら

64(ロクヨン) 下
横山秀夫・著

定価:本体640円+税 発売日:2015年02月06日

詳しい内容はこちら

別冊文藝春秋 電子版7号(通巻323号/2016年5月号)

定価:※各書店サイトで確認してください
発売日:2016年04月20日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
インタビューほか小説の流儀、映画の作法――横山秀夫(原作者)×瀬々敬久(映画監督)【前編】(2016.05.01)
インタビューほか【動画つき】著者インタビュー 横山秀夫 ドラマ化決定! ミステリーの傑作『64(ロクヨン)』の見どころは?(2014.11.21)
特設サイト文藝春秋のミステリー ラインアップ2015(2015.12.24)
書評日航ジャンボ機事故への鎮魂の思い(2003.08.20)