書評

狩野永徳は山本兼一だ

文: 澤田 瞳子 (作家)

『花鳥の夢』 (山本兼一 著)

 芥川龍之介の「地獄変」の主人公である絵仏師・良秀(よしひで)が、地獄絵図を描くために己の娘を見殺しにした如く、絵師も、物書きも、音楽家も、無から形あるものを生み出す者はみな、時に死すらも冷徹に観察せずにはおられぬ、罪深い存在である。

 さりながらその業の深さに溺れきっては、まさに人面獣心の鬼畜同然。絵師を例に挙げれば、その激しい業を身内に秘めつつ、あくまで表向きは端正に筆を走らせて、見る者の魂を揺さぶることが、その身に課せられた務めと言えるであろう。

 本作『花鳥の夢』冒頭において、まだ十代の狩野永徳は、緋連雀の骸(むくろ)を前に嬉々として筆を走らせる己を顧み、「絵師は、非道な生き物だ」と衝撃を受ける。

 さりながらそれをただの詠嘆では終わらせず、自らの業を直視してなお天下一の絵師を志す主人公の決意は、もしかすれば若き画人の姿を借り、筆者が作家としての覚悟を自身に問いただしたものなのかもしれない。

 京都にお住まいだった山本兼一氏が本作を『別册文藝春秋』に連載なさったのは、二〇〇九年十月から二〇一二年八月にかけて。それとほぼ同時期の二〇一一年一月から二〇一二年五月、やはり京都に仕事場を持っておられる作家・安部龍太郎氏が、永徳のライバルである長谷川等伯を主人公とする『等伯』を日本経済新聞に連載され、これによって二〇一二年度後期の直木賞を受賞された。

 常日頃から親しい作家二人が、同時代のライバル絵師を同じタイミングで取り上げたのは、あくまで偶然と聞くが、それはとりもなおさず、この安土桃山という時代が、政治史のみならず美術史の上でも、非常に魅力に富んだ時代であるゆえと言えよう。

 かたや狩野派の棟梁として生を受け、時の権力者たちの寵愛の下、安土城・大坂城など今はなき名城の障壁画を次々と描いた永徳。かたや京から遠く隔たった能登に生まれ落ち、狩野派の圧力にも屈することなく、独自の画風を生み出した等伯。この対立は、既存の勢力が凋落もしくは変革を余儀なくされる一方、新興勢力がかつてない大胆さで中央に躍り出るという当時の社会の新しい構造が、美術の世界でも起きていたゆえのことと考えられよう。

 安部龍太郎氏は『等伯』の直木賞受賞時のインタビューにおいて、そんな有為転変の世に生きた等伯に言及した上で、「等伯は私である」とのお言葉を述べられた。

 ならばそれに対して私は、誤解を恐れることなく、

 ――永徳は山本兼一である

 と、ここで断言したい。

 山本氏の描く狩野永徳は、乾坤の精髄を筆に絡め取ろうとの崇高な誓いを胸に、長谷川等伯に激しい嫉妬を抱きながら、狩野派棟梁としての画業に日々追われ、時には一門興隆のため、描画の喜びすら見失いがちとなる悩み多き人物。

 作中、彼は前出の緋連雀の絵を皮切りに、四季波図屏風、足利義輝の依頼による洛中洛外図屏風など数多くの作品を手がけているが、そんな永徳の心象を端的に表しているのが、二つの龍図である。

 一作目は二十五歳の永徳が、近衛前久の新邸の座敷に描いた襖絵。二作目は豊臣秀吉の命を受け、東福寺法堂天井に描いたそれである。

「すべて絵師のこころから生み出さ」れ、「絵師の生きる姿勢の強さ、弱さがあからさまにあらわれる」龍を描くこれらの機会に際し、永徳は二度ともに、等伯の手になる龍図を目にする。そして等伯の絵の強靭さ、繊細さに気圧されるとともに、それに負けてはならぬと、狂おしいほどに煩悶するのである。

【次ページ】

花鳥の夢
山本兼一・著

定価:本体760円+税 発売日:2015年03月10日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評『赤絵そうめん』解説(2014.06.10)
インタビューほか芸術家の迸(ほとばし)りと、棟梁として守るべきこと―― 天才絵師・狩野永徳の歓喜と身悶えを描く。(2013.04.26)
インタビューほか発表! 本屋が選ぶ時代小説大賞2011 (2011.11.22)
インタビューほか道具買うなら「ええもんひとつ」(2010.06.20)
インタビューほか刀とは、振り回すことのできる哲学です(2007.05.20)