2016.02.27 特集

ショートケーキ、シュークリーム…『西洋菓子店プティ・フール』に登場するお菓子を探して

文: 瀬戸 理恵子 (フードエディター・ライター)

『西洋菓子店プティ・フール』 (千早茜 著)

『西洋菓子店プティ・フール』 (千早茜 著)

 人々においしい笑顔と幸せを届けてくれる、スイートなお菓子の世界。でも、いざ向き合ってみると、そこにあるのは決して甘さばかりではないことに気付くはず。きゅんと切ない甘酸っぱさや、心をチクリと刺すようなほろ苦さもあれば、ときには涙のようなしょっぱさも。さらに深いところを探れば、パティシエの真っ直ぐでひたむきな信念や、職人の厳しい世界を思わせるぴりっとした緊張感も押し寄せ、心を大きく揺さぶるのです。

 この物語に登場するのは、そんなさまざまな味や色、香り、食感、思いが入り混じった、魅力あふれるお菓子の数々。千早さんの細やかな描写を読むだけで、鮮やかなお菓子が目の前に現れて香り立ち、口いっぱいに味が広がっていくよう! 五感を大いに刺激されて、物語にグググッと引き込まれてしまいます。

 舞台は、下町にある洋菓子屋「プティ・フール」です。店主のじいちゃんがつくるのは、ショートケーキやシュークリームといった昔ながらの洋菓子。一方、ともに厨房に立つ不器用で真っ直ぐな孫娘・亜樹がつくるのは、フランスや一流店で身に付けた、キレのあるフランス菓子。一見、じいちゃんの菓子は野暮ったく、亜樹の菓子はハイレベルに見えるけれど、次第に亜樹はじいちゃんの菓子のすごさに気づいてしまうのです。それは、理論やレシピを超えた、長年の経験から繰り出される味の深さと、どんな人をも無条件に包み込んでくれるような温かさ。2人の人生や人柄が映し出された対比のあるお菓子に、それを食べる登場人物たちの人生や心情もさらに重なって、その味は“おいしさ”を超えたより深いものに。読み進めるにつれて、心の奥底で息を殺していた何かがうずき出すのを感じ、すぐにでも物語に登場するお菓子を食べて、癒されたい気持ちになってしまいました。

 フードライターという職業柄、私は取材を通じてさまざまなパティシエやお菓子に出会います。そのたびに、お菓子にこめられた思いや人生、ストーリーを知り、胸が熱くなるのです。この物語を読んで味わったのも、同じような思い。登場するお菓子を実際に味わいながら、みなさんもぜひ、“おいしさ”の先にあるお菓子の魅力を体感してください。

【次ページ】

西洋菓子店プティ・フール
千早茜・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2016年02月12日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビューほか著者 × 書店員トリオ ネタバレ座談会──千早 茜・内田俊明(八重洲ブックセンター)・新井見枝香(三省堂書店)・川俣めぐみ(紀伊國屋書店)(2014.06.11)
インタビューほか書店員A嬢←→著者 変則往復書簡(2014.06.11)
インタビューほか「お菓子」じゃなく「おやつ」(2010.04.20)
特設サイトなかしましほ 『おやつですよ』(2010.04.20)
書評みんなと私の「おいしい!!」のため(2011.09.20)