インタビューほか

〈特集〉石田衣良@アキハバラ
おたく人生を全うするのも悪くない
五條瑛×石田衣良

「本の話」編集部

『アキハバラ@DEEP』 (石田衣良 著)

SF版「池袋イン秋葉原」

石田 焦燥感というのは、どんな立場にあっても逃れようなくありますからね。だから、どうしても社会に出て働けないというんであれば、おたく人生を全うするのも悪くないんじゃないかなと。

五條 ここに出てくる子たちは、求める気持ちがすごくあるんだと思いますよ。小説の最後の言葉じゃないけれど、よい人生にはよい探索が必要なんですよ。

石田 ああ。あのスローガンは、ぼく、好きですね。ほんとに探すことだと思いますよ、生きるということは。人間って不思議だけど、探しているもの以外のものは見つけないからね。何かを探す、ということが大事なのかもしれないね。

 ほんとに秋葉原にいるおたくの子たちは、いま何を探しているんだろうね。アニメのトレーディングカードを山のように買って、少女ゲームとかやって。

五條 でも、秋葉原にたむろしている子たちというのは幸せですよ。たむろする聖地があるから。

 で、秋葉原にたむろしているおたくのなかの才能あるものは、世の中に出て行けることをみんな知っています。少なくともあそこは何もない砂漠じゃないんですよ。もしかしたらすごい鉱脈にあたるかもしれないことを、みんな知っているんですね。

石田 そうだね。ゲームとかアニメというソフト系のものに関していえば、秋葉原は原宿と一緒でスカウトされる地ですよね。

五條 そう。誘われる地だし、ビジネスも起こせる。あそこは決して不毛の地じゃない。

石田 そういうこと全体が、いまの日本の文化を表わしているんじゃないかと思いますよ。裏通りのカルチャーに案外力があって、世の中を動かしている。日本のマンガとかエンターテインメント関係の輸出額ってすごいものでしょう。何兆円とかいってますから。

五條 美少女エロゲーひとつをずーっと一生作っていく人でも、普通にビジネスやれる時代ですよ。ある種の希望の地といえます。

石田 多分、地方にいる人で、この小説を読んだら、ちょっといってみたいと思う子が出てくるよね。地方在住のおたくなんか、とくにそう。自分の身のまわりには、おたくを理解してくれる人なんて全然いないわけでしょう。そういう点では素晴らしい聖地という感じがするんじゃないかな。実際どんな感じなのか、読んだあとに秋葉原の街に、ちょっと遊びに来てほしいな。

 でも、ほんとに不思議な小説になりましたね。小説って書いているときには、どこに目的があるのか本人にも分からなくて、謎のソフトを作っている感じでしょう。それでも仕上がって本という形になると、別の世界に連れて行く力を持つ。この小説はSF版「池袋イン秋葉原」みたいな、分類不能の世界になりました。

アキハバラ@DEEP
石田衣良・著

定価:本体714円+税 発売日:2006年09月05日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
インタビューほか〈特集〉石田衣良@アキハバラ おたく人生を全うするのも悪くない 五條瑛×石田衣良(2004.11.20)
特設サイト石田衣良 IWGP 池袋ウエストゲートパーク(2010.12.17)
書評IWGPは私たちの物語だ(2014.09.10)
書評一番新しい時代の風を小説に 大人気シリーズ再始動(2014.07.15)
インタビューほか文春文庫40周年記念特別コラム 石田衣良 20代の僕が驚愕した青春小説(2014.04.15)