書評

良質な戦争文学の結実

文: 雨宮 由希夫 (文芸評論家)

『水色の娼婦』 (西木正明 著)

 第二次世界大戦を主たる時代背景とした昭和秘史にメスを入れた数々の傑作を生み出してきた作家・西木正明は「皇紀2600年」、神武天皇の即位から2600年にあたるとされた昭和15年(1940)5月25日、秋田県仙北郡西木村(現・仙北市)に生まれている。

 昭和63年(1988)、48歳の西木は「凍(しば)れる瞳」「端島の女」で、第99回直木賞を受賞するが、同年刊行された第1エッセイ集『何かしなきゃ男じゃない』で、西木は次のように書いている。

「敗戦から40年たって、第二次世界大戦までは完全に〈時代劇(ドキュメンタリー・ノベル)〉になったんだ。昭和元年から20年までの歴史は、今の人間には自分の人生とは関わりないところで無責任に見たり聞いたり喋ったりできるからだ。俺が〈昭和史〉の暗部を掘って、山師が金脈あてるようにドキュメンタリー・ノベルを書いているのは、たとえていえば、明治維新から50年後に、大佛次郎が『鞍馬天狗』を書いたみたいなものだ」。

 西木の言うドキュメンタリー・ノベルは、丹念な取材活動や史料蒐集に基づいて、歴史の波間に沈んだ人物や出来事をすくい上げて光を当て、史実と虚構を巧みに絡み合わせていくことによって書かれた小説のことである。取材活動の有無をのぞけば、歴史・時代小説の本質と変わらない。

 明治維新以降、日清・日露の戦争に勝利し、第2次世界大戦で敗北するまでの時代を、西木は「狂瀾怒濤の時代」(『孫文の女』あとがき)と呼んでいるが、第2次世界大戦を核とした日本近現代史の闇を描いた一連の作品は、西木作品の1つの柱である。時代背景の古い順に、「戦前」、「戦中」、「戦後」に3分して代表作を列記したい。

【次ページ】

水色の娼婦
西木正明・著

定価:1785円(税込) 発売日:2013年09月07日

詳しい内容はこちら