特集

ニューヨークの魔法にかかった私たち

『ニューヨークの魔法の約束』 (岡田光世 著)

――それぞれお気に入りの登場人物がいるかと思うのですが。

中山 ゲイルやマリーパットが大好きです。岡田さんの生活のなかに、すーっと自然に登場してくる。まるで家族みたいに。キャラクターがどんどん濃くなっていくところが、いいですね。

角田 私はサラとビル。医療ミスで首から下が不随になって、身体を自分で動かせなくなったビルが、それでも“Life is good” ――前向きに生きていくところ。ビルが亡くなったあと、サラが少しずつ立ち直っていくところも、よかったですね。

池原 登場人物と言えるのか……岡田さんの御主人・塩崎さんの動きも、見えてくるよね。いつ出てくるかなあって、いつも楽しみで。

角田 あ、私も。「好きな登場人物」ナンバー1は、岡田・塩崎夫妻で、決まりですね!

――最後に、これからの「ニューヨークの魔法」シリーズに願うこと、思うことをお願いします。

 

池原 ニューヨークに暮したとき、義父の看病で家族が日本に戻っていて、1人でいた期間があったんです。ある日それまで話したこともなかった、隣家のトムさんという人が、「うちに来いよ」って声をかけてくれた。1人で居るのを察したんでしょうね。とても嬉しかったです。アメリカでは、他にも感謝したり恩に感じていることがたくさんある。それを岡田さんの本を通して、いま追体験している。こんどは自分が恩返しをしていきたいなあという気持が、ありますね。

中山 岡田さんのエッセイは、本当にドキュメンタリーですよね。映像でも見てみたいよ~といつも思います。あたりまえの日常の中に特別なものがある――いま自分が取り組んでいる物語でも、それを見習って伝えていきたいです。

全国からファンが集まる講演会。親睦会の最後は『イマジン』を歌い、隣の人と手でハートの形を作って記念撮影、が恒例になっている

角田 『魔法の約束』の解説で加藤タキさんも書かれていましたけれど、岡田さんの写真展はいつか見てみたいですよね。あとニューヨークだけでなくて、東京の魔法、パリの魔法とか――世界各地の魔法を読んでみたい!

池原 そうだね。そしてどんな場所を描いても、最後はニューヨークという街に集約されてくる。ファンの1人としては、これからもどんどんどんどん、新しい魔法を見せていってほしいですね。

ニューヨークの魔法の約束岡田光世

定価:本体630円+税発売日:2016年12月01日


 こちらもおすすめ
インタビューほかニューヨークの街角での温かい出会いを綴るシリーズ──ついに涙と感動の最終章(2019.06.05)
書評温かい気持ちと、爽やかなスッキリ感。背中をポンッと押してくれる魔法の一冊(2016.12.09)
書評日常からちょっと離れて、ニューヨークの魔法にかかってみませんか(2015.06.05)
書評“ニューヨークの魔法”はなぜとけない!? 福岡ハカセ、岡田エッセイ最大の謎に迫る(2015.05.22)
書評孤独な大都会ニューヨークの、 負の部分を補って余りある魅力(2014.02.28)