2016.04.02 書評

組織の「グチャグチャ」にも対応可能! 33歳元ミクシィCEOが愛読する歴史本とは?

文: 朝倉 祐介 (元ミクシィCEO)

『新世代CEOの本棚』 (堀江貴文・森川亮・朝倉祐介・佐藤航陽・出雲充・迫俊亮・石川康晴・仲暁子・孫泰蔵・佐渡島庸平 著)

オーストラリアの騎手養成学校、調教助手、東大法学部、マッキンゼーを経て、ミクシィ再生を請われ30歳の若さでCEOに就任した朝倉さん。「ヒリヒリするような経営の修羅場」を乗り越えるのに役立った本を紹介する。

『新世代CEOの本棚』 (堀江貴文・森川亮・朝倉祐介・佐藤航陽・出雲充・迫俊亮・石川康晴・仲暁子・孫泰蔵・佐渡島庸平 著)

 どうしても頭の中で音に出しながら読んでしまうため、本を読むのは決して速くありません。流さずにきちんと読めるのは週に1、2冊程度。読める数に限りがあるので、本当はもっと慎重に選ぶべきなのですが、とにかく本は大量に買います。気になるキーワードがあったら、グーグルで検索するよりも先に、アマゾンで検索して本を探すくらいです。

 昔から「本は値段を見ないで買う」と決めているので、部屋の中は「積ん読」本の山です。本以外のものを買うときは値段をかなり気にしますが、本は高くてもせいぜい数千円。アマゾンのマーケットプレイスなら10円程度から古本を売っていますから、気になった本は全部ポチって買い、それがストレス発散にもなっています。

 最近はもっぱらキンドルの電子書籍です。本がうずたかく積まれることがないので、QOL(生活の質)は格段に向上しました。キンドルで読むときは、気になったところを全部ハイライトしています。ハイライトしたところは、キンドルのウェブの管理画面でコピペできるので、それをEvernoteに貼り付ければ、メモを取る手間が省けます。

 そうやってためておいた内容は、折に触れて見返したり、何かを伝えたいときに引用してほかの人に送ったりしています。同じことを言うのでも、自分の言葉より、「昔の人はこんなことを言っていたらしいよ」と援用するほうが、より説得力が増すからです。

 物事を俯瞰的に見たいときには、歴史物が楽しめます。

 たとえば、明治維新の話を読むと、「勝てば官軍」という言葉が実感をともなってよく理解できます。とくに、半藤一利さんの『幕末史』がおすすめです。

 明治維新というのは不思議な革命です。たとえば、吉田松陰は尊王攘夷で「夷狄を追い払え」と主張し、彼の教え子たちの活躍もあって倒幕は成ったけれど、明治新政府が実際にとった政策は、吉田松陰の考えとは真逆の「開国」ですから。

 そもそも、当時の幕府は開国政策を進めていたわけで、何のために争ったのか、正統性の面では疑問の余地が多々あります。正義が勝つわけではなく、勝ったほうが正義になる。これが歴史の真実なのでしょう。

 その一方で、やはり大義は重要だとも感じます。吉田松陰がビジョンを打ち出したから、そこにだんだん人が集まり、大きなうねりとなっていきました。そういう連鎖を生み出すもととなるのは、やはり大義ではないでしょうか。旗を掲げる人の資質や能力も大事かもしれませんが、それよりも、大きな絵を描くことそのものに意味があると思うのです。

【次ページ】

新世代CEOの本棚
堀江貴文、森川亮、朝倉祐介、佐藤航陽、出雲充、迫俊亮、石川康晴、仲暁子、孫泰蔵、佐渡島庸平 著

定価:本体1,400円+税 発売日:2016年03月25日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評LINEを爆速成長させた元CEOが明かす 飛躍する「狂気」を教えてくれた本(2016.04.01)
書評確率を語るより、可能性に賭けろ! 平凡な人生がドラマチックに変わる仕事術(2016.03.23)
インタビューほか「ない仕事」を作るには。画期的ビジネス書(?)の登場(後編)(2015.11.26)
インタビューほか『エコノミスト』編集部訪問記(2015.03.24)
書評ベストセラー作家の「創作ノート」(2014.02.28)
書評彼が本を並べると、本棚が輝き始める(2013.02.06)
書評リーダーの要諦は「思いやり」と「言行一致」 『論語』に学ぶビジネスの極意(2014.10.13)
書評セブン‐イレブン流経営書の新境地(2013.11.19)
書評大人の勉強はなぜ身につかないのか(2010.12.20)