2015.10.13 書評

たいへん楽しくおもしろい皆さんが選んだ「陰陽師」

文: 夢枕 獏

『よりぬき陰陽師』 (夢枕獏 著)

『よりぬき陰陽師』 (夢枕獏 著)

 ただ今、八月に突入。

 暑い時期で、連日猛暑日ばかりである。

 なんだか、世界の天候、おそろしいことになってきているぞと思う。

 今のうちに、鮎釣りに行っておかないと、そのうちに、台風や大雨のため、一年のうち鮎釣りのできる日が、ほんの十日くらいになってしまうのではないか。

 ところで、ぼくの書いている晴明屋敷の庭は、言うなれば小さな里山のようなつもりで書いているのだが、ぜひそんな庭が現実にひとつ欲しいものだ。

 さて――

『よりぬき陰陽師』である。

 これまでに書いたものの中から、村上豊さん、渡辺真理さん、白石加代子さん、東雅夫さん、池井戸潤さんに、それぞれ一話ずつ、全部で五話選んでいただいて、一冊にまとめさせていただいた本である。

 自分で選ぶと、どうしても傾向がかたよってしまいそうになるのだが、皆さんに選んでいただいたおかげで、たいへん楽しくおもしろいアンソロジーになったのではないか。

 皆さん、本当にありがとうございます。

『陰陽師』は、今、二カ月に一本、一年で六本新作を書いていますので、一年ちょっとで新刊一冊をお届けできるペースになっています。

 まだまだしばらくは、書き続けることができそうです。

 そのうちに、ちょっと長い『陰陽師』、花山天皇編か酒天童子編を書いてみようかと思っているところです。

 

   二〇一五年八月

小田原にて

(「あとがき」より)

よりぬき陰陽師
夢枕獏・著

定価:本体540円+税 発売日:2015年10月09日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら



こちらもおすすめ
書評私は獏パーンチ・ドランカー(2015.06.20)
書評エッチで、色っぽくて、ちょっと怖い話(2014.10.22)
書評音の渦に佇む獏さん(2014.01.23)
インタビューほか夢枕獏「倒れるまで書き続けたい」(2012.10.29)
インタビューほか連載開始から25周年、 ますます好調の陰陽師ワールド(2011.05.20)
インタビューほかペンと筆が紡ぐ平安の闇 夢枕獏×村上豊(2005.09.20)
インタビューほか闇が消えて謙虚さがなくなった(2003.10.20)
書評夢枕獏と九星鳴 湧き出でる想念をすくい取る者(2015.01.16)
書評もう一度、デビューする(2014.12.15)