書評

半ちゃんの知りたかったソ連

文: 半藤 一利

『21世紀の戦争論 昭和史から考える』 (半藤一利・佐藤優 著)

『21世紀の戦争論 昭和史から考える』 (半藤一利・佐藤優 著)

 いきなり突拍子もないことから書くが、明治三十八年(一九〇五年)九月、アメリカの軍港ポーツマスでの講和会議によって日露戦争は終結した。このとき、日本帝国の“勝利”という形でまずは目出度く国際世論では認められたが、その実は、海軍はともかく、陸軍は戦力を消耗しきってこれ以上の継戦は望めない“惨勝”という状況での、やむなき講和であったのである。この事実からはじめなければならない。

 それから二年後の明治四十年四月に、山県有朋を軸として日本の指導層は「帝国国防方針」(国防方針・所要兵力・用兵綱領の三つより成る)をまとめ、御前会議を経て決定した。それは、日本帝国は満洲・韓国における利益線擁護を国家発展のための不可欠の大方針とし、そのためには「我国権ヲ侵害セムトスル国ニ対シ、少クモ東亜ニ在リテハ攻勢ヲ取リ得ル如クヲ要ス」と攻勢的国防論を主眼とするものとなった。“惨勝”であったのに、なぜか国家方針の舵を大国主義にきったのである。

 そのため国防方針としては、想定敵国を陸軍は帝政ロシアとし(つまりその復讐戦を恐れ)、海軍は陸軍と共通の仮想敵国を設定することを拒否、あえてアメリカを第一の仮想敵国とした。そして所要兵力は、陸軍二十五個師団(戦時五十個師団)、海軍は新鋭の八・八艦隊プラス旧型巡洋戦艦八を基幹とした。ともに日露戦争開始時の二倍の大兵力である。それが果たして可能なのかを考える必要はなく、ともかく大兵力建設を目標にした。

 いったい本書のおわりに、何を言いたいのかと思われる方も多いであろうが、要はこの大それた戦略思想が昭和まで陸海軍をひきずってきた、ということをとりあえず指摘しておきたいのである。そして、このときを第一回として、近代日本の国防問題は、ときの政府に関与させない形で、こうした軍備拡張の実現に努力する義務だけを政府に課し、ずっと策定されていくことになった。わかりやすくいえば、資本と労働、技術といった総力をあげて強い国をつくろうとしたのである。

 さて、以上の簡略な説明でおわかりのように、昭和史探偵として、いくつもの歴史的事実をさぐってきたわたくしの念頭には、いつも仮想敵国のこの二つの国のことがあった。それでも、アメリカのほうは、ちょっぴり英語が読めるので翻訳ものだけに頼ることはなく、少しはアメリカという国のかたちや軍の戦略戦術や国民がどんなものか理解を深めることができた。が、言葉が珍粉漢粉(ちんぷんかんぷん)の上に、大正六年(一九一七年)の革命で帝政が倒れ、新しくなったソビエト連邦という複雑な国家となったもういっぽうのほうは、国家や人民についての認識を断片的にももつことができないでいた。

 たとえば『ノモンハンの夏』という本をわたくしは書いている。そのとき、スターリンは、兵卒あがりの叩き上げの将軍ジューコフ中将をモスクワに呼び、ただちに戦場に赴くよう厳命する。この呼び出しがかかったとき、ジューコフは、「ああ、自分もついに“人民の敵”にされるのだな」と覚悟を決めたというのである。そんな事実をちらりと知ったため、「有能との定評あるゆえ、かえってスターリンによっていつか粛清されるのではないか、とまわりのものたちからも思われている」と、確かにわたくしはジューコフについて書いているが、正直にいってそれほど確信はなかった。ところが事実は、もっと深刻であったようなのである。

【次ページ】

21世紀の戦争論 昭和史から考える
半藤一利、佐藤優・著

定価:本体830円+税 発売日:2016年05月20日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評昭和史の中の悪の構造をあぶり出す(2016.05.22)
書評いま、桐生悠々に学ぶべきこと(2016.03.16)
書評いちばん大事な昭和史の教訓(2016.03.15)
特設サイト半藤一利が選んだこの1冊「戦後70年『日本のいちばん長い日』フェア」(2015.07.10)
書評歴史は「眉に唾をつけて」見て聞くべし(2015.06.15)
書評第一級の史料が示唆する「昭和天皇の肉声」(2015.03.23)
特設サイト佐藤 優セレクション『文藝春秋 戦後70周年新書フェア』(2015.07.03)
書評アフガン、イスラム国の上空に潜む 無人偵察・攻撃機はいかにして進化したのか(2015.03.02)
インタビューほか「この国は戦争に巻き込まれる」 池上彰×佐藤優 2人の論客が表の顔と裏の顔で語り合った愛国対談(2014.11.20)
書評「帝国主義」の悪魔祓いを(2012.08.08)