インタビューほか

この本の取材をして、味にうるさい夫から
「うまい!」と褒められるようになりました!

「本の話」編集部

『まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり』 (まめこ 著)

この本の取材をして、味にうるさい夫から<br />「うまい!」と褒められるようになりました!

 料理の基礎と裏ワザとおいしいレシピが満載のコミックエッセイ『まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり』。4年前から取材を始め、ついに完成したこの本の著者・まめこさんと、企画段階から関わり、一緒に取材を重ねてきたフリー編集者の野田りえさんに、制作秘話を語り合っていただきました!

『まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり』 (まめこ 著)

まめこ 最初、野田さんから本のお話をいただいたときは、全く別の企画だったんですよね。

野田 まめこさんの『あれも、これも、おいしい手作り生活。』(サンクチュアリ出版)を読んで、執筆の依頼に行ったんです。最初は美容ものの企画のご相談をしていたんですが、何回目かの打ち合わせで、ガラッと話が変わって……。

まめこ その頃、私も野田さんもちょうど結婚したばかりのタイミングだったんですよね。とくに私の場合はずっと実家暮らしだったので、日々料理をしなくちゃいけないという生活に慣れていませんでした。それで打ち合わせのときに「毎日つくるの大変だよね」「料理の基礎がわかっていないから、これで合っているのか自信がない」みたいな話を言い合って、盛り上がって(笑)。

野田 そういう雑談から、この本の企画が生まれたんでしたよね。自己流でなんとか料理をこなしてはいるけれど、本当にこれでいいの? と不安に思っている人は結構いるのではないかと。そういう「お料理再入門」的な本をつくろうということで、スタートしました。

 

まめこさん

まめこ 「Part 1 きほんを知れば、定番料理がランクアップ!」ではABCクッキングスタジオに何日も通って、ベーシックな料理の基本を教わりました。

野田 先生を質問攻めにしましたよね。「料理のさしすせそ」の理由とか、「なぜここでふたをするのですか?」とか。

まめこ 今さら聞けない素朴な疑問を全部先生にぶつけて、解決してもらって、漫画に描き込みました。このとき教えてもらった「クッキングシートでつくる落としぶた」の裏ワザは、今も家でよくやっています。

落としぶたのつくり方
野田さん

野田 私もです! 手持ちの鍋の大きさに合わせてつくれるから便利ですよね。

まめこ 普通のレシピ本だと、「こうしてください」としか書いていないことも、この本では「なぜこうしたほうがいいか」まできちんと描くように心がけました。

野田 まめこさんの漫画を読むと、一つひとつの工程にちゃんと意味があることがわかるので、「言われたとおりにやろう」と思えるし、いろいろな料理に応用しやすいですね。また、「砂糖の分子の大きさ」みたいな科学的な話も、うまく盛り込んで面白く描いてくれたので、納得度が高いんです。

【次ページ】

まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり
まめこ・著

定価:本体1,250円+税 発売日:2015年09月12日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評パリジェンヌはなぜおいしく食べて、太らない? そしてイキイキしているの?(2015.08.11)
書評作っておいしい、読んで楽しい 日本の食卓の100年を凝縮した一冊(2015.04.09)
インタビューほか面白くて美味しかった! 小林カツ代とっておきレシピ復活(2015.02.20)
書評赤身熟成塊肉、食のボーダレス化―― 最新東京食事情がこの1冊でわかる!(2014.12.02)
書評自らの舌で食べこんだラインアップが証明する真のグルメ(2014.10.26)
書評「自分の味」を育てる4つのコツ(2013.04.19)
書評塩麹、味噌、ぬか漬け……ワインに合う発酵食レシピが満載!(2012.03.02)
書評太陽を感じる、干し野菜(2011.10.14)
インタビューほかごはん作るの面倒な日はおいしい 「ひと皿のごはん」があれば……!(2011.03.20)