2015.04.09 書評

作っておいしい、読んで楽しい
日本の食卓の100年を凝縮した一冊

文: 伊藤 剛寛 (読売新聞生活部次長)

『読売新聞家庭面の100年レシピ』 (読売新聞生活部 編)

「100のレシピを順番に作るのが楽しみ」「新聞記事を切り抜き、ファイルしている」「夕食の献立選びの良きアドバイザーとなった」――。

「100年レシピ」を読売新聞に連載中、多くの読者からこんな声をいただきました。

 そして、しばしば聞かれたのが、「本にはならないのですか?」という質問です。

 なりました!!

「100年レシピ」は、読売新聞家庭面創設100周年を記念し、これまでの料理記事から、次の時代に伝えたい100のレシピを選ぶという企画です。食の専門家による選考委員会を設け、2014年4月から15年2月まで、1年かけて紙面で発表しました。

 大正時代のトンカツ、コロッケ、シチュー、昭和戦前のチャーハン、おはぎ、戦後の豚肉のキムチいため、定番のハンバーグ、ギョーザ、太巻きずしと、和・洋・中様々な味を取りそろえました。作っておいしい、読んで楽しい。日本の食卓の100年を凝縮した一冊です。

みんな大好き、ハンバーグ・ステーキ

 例えば、1958年(昭和33年)の麻婆豆腐。味付けは、みそ、唐辛子、ニンニク、ショウガなどで、豆板醤や山椒は使っていません。中華料理が日本の食卓に広がり始めた頃のレシピで、優しい味わい。我が家でも、子どもが喜んで食べます。

中華料理が家庭にやってきた。調味料は常時あるものでOKの麻婆豆腐

「コンビーフハツシ」という耳慣れない料理は、1937年(昭和12年)のレシピ。コンビーフと、ゆでて裏ごししたジャガイモを混ぜて丸め、バターで焼きます。ジャガイモはつぶすだけでもOK。ビールのつまみに最高です。

ハイカラな名前が懐かしい、コンビーフハツシ

 読めば、食卓の変化も感じることが出来ます。本書は、洋食を中心に紹介した「食卓を変えた味」編、「和食の力」編、「至福のおやつ」編など7シリーズで構成。トンカツの歴史、たらこスパゲティの誕生物語、茶筒を使ったアイスクリーム作り体験、各地の郷土料理ルポなど、読み物も満載です。

 

【次ページ】

読売新聞家庭面の100年レシピ
読売新聞生活部・編

定価:本体1,500円+税 発売日:2015年04月06日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビューほか高原のカフェで確かめる人生(2015.03.09)
インタビューほか面白くて美味しかった! 小林カツ代とっておきレシピ復活(2015.02.20)
インタビューほかいつもは適当自炊にワクワク外食。たまに買い食い、旅ごはんも大好き!(2014.12.10)
書評週末、自然の中で過ごしたい人へのレッスンブック(2014.04.25)
書評「究極のご飯の味」を教える 親にできる教育はこれしかない(2013.11.07)
書評「自分の味」を育てる4つのコツ(2013.04.19)
書評人気の合理的レシピが生まれる理由(2012.06.14)
インタビューほか家族のコミュニケーションの場を提供したい(2012.04.25)
書評塩麹、味噌、ぬか漬け……ワインに合う発酵食レシピが満載!(2012.03.02)
書評太陽を感じる、干し野菜(2011.10.14)