インタビューほか

この本の取材をして、味にうるさい夫から
「うまい!」と褒められるようになりました!

「本の話」編集部

『まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり』 (まめこ 著)

 料理の基礎と裏ワザとおいしいレシピが満載のコミックエッセイ『まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり』。4年前から取材を始め、ついに完成したこの本の著者・まめこさんと、企画段階から関わり、一緒に取材を重ねてきたフリー編集者の野田りえさんに、制作秘話を語り合っていただきました!

まめこ 「Part 2 調味料となかよくなろう♪」では、調味料について描きました。もともと調味料は好きでいっぱい持っていたんですけど、この取材のあと、またいろいろ買ってしまって、引き出しが大変なことに(笑)。

野田 砂糖や塩みたいに普段よく使っている調味料にも「へ~っ」と驚く裏話が満載で、取材していて面白かったですよね。まめこさんの描かれた、調味料を擬人化したイラストレーションもかわいかったです。

まめこ 「Part 3 目指せ☆段取り上手」のページで、料理家のワタナベマキ先生に教わったことは、今も本当に役立っています。夜ごはんって夜の時間にしかつくっちゃいけないと、なんとなく思いこんでいたんです。でもこの取材をしてからは、朝や昼の空き時間にストックおかずをパパッとつくっておくようになって、夕飯をつくるスピードがグンと上がりました! 

野田 私も「野菜はまとめて洗って、まとめて切る」とか「使う調味料は先に全部出しておく」とか、このときの取材で学んだ“ちょっとしたこと”で、時短できるようになりました。

まめこ 「Part 4 ホームパーティを開こう!」の章も、とても勉強になりました。結婚して家族や知人が増えて、家に人を招く機会が増えていたんですが、いつも同じメニューだったんです。たこやきパーティとか(笑)。

野田 自分たちが新婚だったもので、この本には「新婚の奥さんがブチ当たりそうな課題」をたくさん盛り込みましたよね。でも、最近は独身の人もマメに自炊したり、家飲みしたりしていますし、一人暮らしの人が読んでも楽しんでいただけると思います。

まめこ このホームパーティのページは、フードコーディネーターのまちやまちほ先生に私の自宅まで来ていただいて、撮影したんです。そのことも思い出深いですね。

野田 まめこさんのお家にあった食器もつかって撮影しましたよね。

まめこ それが嬉しかったです。あるものを生かして素敵なテーブルにしてくれて、さすがプロは違うな、と。各章のそれぞれの先生から、今でも役立つことをたくさん教わりました。

手持ちの食器を使って素敵なホームパーティに(撮影 鈴木悌絵)

野田 イラストや漫画を描くとき、こだわったことはありますか?

まめこ 私自身、小難しい本が苦手なので、できるだけわかりやすく、楽しく描こうと心がけていました。「イノシン酸」とか難しい説明を描く際も、なるだけ図解で楽しく見せるように工夫したり。

野田 取材して得た膨大な情報を、まめこさんがわかりやすいストーリーにしてくれたので、すごく面白く読めました。取材メモを見返しながら「この話がこういう漫画になったんだ~」と。

まめこ もったいないと思いつつ、読みやすさを優先するため泣く泣く削った話もたくさんあります。全部入れちゃうと文字だらけになってしまうので……。

野田 あと本当の現場では、材料がもっとバラバラに置いてあったりしたんですけど、まめこさんが使う順番に並べ替えて描いてくれたので、漫画を読んで料理をつくってみようとなったときに、再現しやすくなっていると思います。

【次ページ】

まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり
まめこ・著

定価:本体1,250円+税 発売日:2015年09月12日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
書評パリジェンヌはなぜおいしく食べて、太らない? そしてイキイキしているの?(2015.08.11)
書評作っておいしい、読んで楽しい 日本の食卓の100年を凝縮した一冊(2015.04.09)
インタビューほか面白くて美味しかった! 小林カツ代とっておきレシピ復活(2015.02.20)
書評赤身熟成塊肉、食のボーダレス化―― 最新東京食事情がこの1冊でわかる!(2014.12.02)
書評自らの舌で食べこんだラインアップが証明する真のグルメ(2014.10.26)
書評「自分の味」を育てる4つのコツ(2013.04.19)
書評塩麹、味噌、ぬか漬け……ワインに合う発酵食レシピが満載!(2012.03.02)
書評太陽を感じる、干し野菜(2011.10.14)
インタビューほかごはん作るの面倒な日はおいしい 「ひと皿のごはん」があれば……!(2011.03.20)