インタビューほか

この本の取材をして、味にうるさい夫から
「うまい!」と褒められるようになりました!

「本の話」編集部

『まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり』 (まめこ 著)

 料理の基礎と裏ワザとおいしいレシピが満載のコミックエッセイ『まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり』。4年前から取材を始め、ついに完成したこの本の著者・まめこさんと、企画段階から関わり、一緒に取材を重ねてきたフリー編集者の野田りえさんに、制作秘話を語り合っていただきました!

まめこ なぜこの本が完成するのに4年もかかってしまったかと言うと、実は企画がスタートした頃に、おなかに赤ちゃんができまして、途中で産休をとっていたんです。料理の取材をしているときは、つわりは終わっていたんですけど、お腹が大きかったもので、先生たちに「座って、座って」と気をつかっていただきました(笑)。

野田 本の制作途中でまめこさんの家族が増えていくという(笑)。そういう意味でも、より一層おいしく手早く料理をつくりたいという気持ちになられたんでしょうね。

まめこ 子どもが食事をするようになってからは、「野菜を食べさせなくちゃ」というのもありますし、この本で学んだことが実生活に生きていると思います。メイン一品だけでなく、副菜も手際良くつくれるようになったし、家族の評判もグッと上がりました。

野田 旦那さんは味にうるさいタイプなんです……よね?

まめこ 舌が敏感で、「これ、お酒入れ過ぎたでしょ」とか結構指摘してくるんですよ。でもこの本の取材をして以降は「うまい!」と褒められることが多くなりました。私自身、レシピ本も自主的に見るようになって、だいぶ変わったと思います。

野田 この本に出てくるレシピで、今もよくつくっているものはありますか?

まめこ 「ひじきのしょうゆ漬け」ですね。これはサラダにも応用できるし、ごはんに混ぜてもおいしいし、すごいメニューです。「ほうじ茶寒天のみつまめ」も、ホームパーティで大好評でした。

野田 私は「もち米しゅうまい」をよくつくります! この本は、ただ「料理のお勉強」という感じではなくて、まめこさんと一緒に楽しみながら、気づいたら料理上手になっている……といった一冊に仕上がったと思います。「あまり頑張らなくていい」という方向になっているのも、おすすめポイントです。

まめこ いつもお料理されている方も、これから料理を始めたいという方も、この本を読んで基本を楽しく身につけてもらえたら嬉しいです。料理はずっとやり続けていかないといけないものだから、それが楽しくできるようになったら、すごく幸せなことだと思うので。あと、本に載っている、各先生方から教わったレシピが本当においしいので、ぜひつくってみてください!

鶏の唐揚げ、ハンバーグ…定番おかずを楽しくつくろう!

まめこの 知ってそうで知らなかった! 料理のきほん丸わかり
まめこ・著

定価:本体1,250円+税 発売日:2015年09月12日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評パリジェンヌはなぜおいしく食べて、太らない? そしてイキイキしているの?(2015.08.11)
書評作っておいしい、読んで楽しい 日本の食卓の100年を凝縮した一冊(2015.04.09)
インタビューほか面白くて美味しかった! 小林カツ代とっておきレシピ復活(2015.02.20)
書評赤身熟成塊肉、食のボーダレス化―― 最新東京食事情がこの1冊でわかる!(2014.12.02)
書評自らの舌で食べこんだラインアップが証明する真のグルメ(2014.10.26)
書評「自分の味」を育てる4つのコツ(2013.04.19)
書評塩麹、味噌、ぬか漬け……ワインに合う発酵食レシピが満載!(2012.03.02)
書評太陽を感じる、干し野菜(2011.10.14)
インタビューほかごはん作るの面倒な日はおいしい 「ひと皿のごはん」があれば……!(2011.03.20)