2015.12.17 インタビューほか

手紙こそ親から受け取る素晴らしい財産――千住真理子さんインタビュー(前編)

「本の話」編集部

『千住家、母娘の往復書簡 母のがん、心臓病を乗り越えて』 (千住真理子・千住文子 著)

手紙こそ親から受け取る素晴らしい財産――千住真理子さんインタビュー(前編)

249代ローマ教皇に捧げられた名器中の名器・ストラディヴァリウスで精力的に演奏活動を行っている千住真理子さん。「天才少女」と言われたがゆえに苦しむ娘を心身両面で支え続け二人三脚で歩んできたのが、母・文子さんだ。その母娘の往復書簡が12月に待望の文庫化。「今は演奏会シーズンで体力勝負」という千住さんに、秘話をたっぷりと伺ってきました。

『千住家、母娘の往復書簡 母のがん、心臓病を乗り越えて』 (千住真理子・千住文子 著)

――『千住家、母娘の往復書簡』は2年前に刊行された単行本に、ご家族の写真を沢山追加し文庫化されたものです。最初どういったことがきっかけで出版されることになったのですか?

千住 母は心臓病を患っていたのですが、それを克服して数年後、今度は末期ガンと診断されてしまいました。ちょうどその頃、文春の方に「母と何か語り合いたいんだけど」って相談していたんですね。「それなら雑誌で対談の形にしましょうか、対談なら体力もそんなに使わなくて済みますよ」と言ってくださったので母へ伝えたら、「対談なんていやだ、手紙を書くんだ」と言い出して(笑)。

――お母さまはどうして手紙にしたいっておっしゃったのでしょう?

千住 とにかく母は書くことが昔っから好きだったんですね。もうねぇ、私たち3兄妹(長兄・日本画家の博さん、次兄・作曲家の明さん)が小さい頃は、何かあると母からこんな分厚い手紙が(指で1~2センチほどの厚さを示しながら)机の上に置いてあるんですよ。3人とも、「あー、もうまただよ」という感じ(笑)。兄達の場合だと、毎日の素行なんかについて書いてあったりね。私の場合は、当時ボーイフレンドがいたので「ボーイフレンドと遊んでいる時間があったらヴァイオリンを弾きなさい!」みたいなことが、もう20枚くらい書いてあるわけですよ。非常に何か哲学的なことが書いてあったりするんですが、それがまたしつこく書いてある(笑)。私たちは「またなんでこんな長く書いたの?」なんて母に文句を言ったりしていました。

――子どもに口で伝えるより、手紙に託すお母さまだったのですね。

千住 そうですね。そうしたきっかけで、月刊誌「文藝春秋」に往復書簡という形で掲載することになり、その後書きおろしを大幅に加えて一冊の本になりました。

真理子30代の頃。母は元気な頃、演奏活動に付き添ってくれた。

――真理子さんご自身、手紙は普段からお書きになりますか?

千住 いやぁ、私はまどろっこしい事があまり好きではないので、手紙で書くくらいなら直接会って話した方がいいと思うタイプだったんですね。でも書くことは嫌いじゃない。だから母から言われて、「よし分かった! 手紙でいこう」と決めました。母と手紙のやりとりなんて生まれて初めてでした。遠く離れて生活しているわけじゃないからハガキを書く必要がないし書きたいと思ったこともない。手紙にすることにしたって言ったら、兄たちが笑ってましたもんね、「そんな恥ずかしいことやっちゃって」って。私もしまったなと思った(笑)。「ですます調」で書こうかどうしようか……なんて始めはとまどいがあったのですが、段々と本心が書けるようになっていきました。

【次ページ】手紙は本心をさらけだす最適な方法

千住家、母娘の往復書簡 母のがん、心臓病を乗り越えて
千住真理子・千住文子 著

定価:本体670円+税 発売日:2015年12月04日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビューほか手紙こそ親から受け取る素晴らしい財産――千住真理子さんインタビュー(中編)(2015.12.18)
インタビューほか手紙こそ親から受け取る素晴らしい財産――千住真理子さんインタビュー(後編)(2015.12.19)
書評母と妹のアンサンブル(2015.12.20)
書評バックステージ(2015.12.21)
書評手紙のすべてが、 二つの魂となって協奏している。(2013.05.16)