書評

平清盛いい胸毛

文: 本郷 和人 (東京大学史料編纂所准教授)

『謎とき平清盛』 (本郷和人 著)

 たいらのきよもり、いいむなげ。

 ――のっけから、むさくてスミマセン。これはいったい何かというと、高校生の日本史年号の暗記法なのです。平清盛が位人臣を極め、武人として初めて太政大臣に昇った。それが1167年である、と。鳴くようぐいす平安京、とか、いいくにつくろう鎌倉幕府、みたいなものです。

 そういえば、私の師匠の五味文彦は「日本史100年周期説」というのを唱えていて、西暦の下二桁、67とか68の年に、大きな変革が起きているという。私が専攻する中世を例にとると、1068年=後三条天皇即位⇒院政の始まり、1167年=清盛・太政大臣に⇒武人政権の始まり、1268年=モンゴルの国書・日本へ⇒東アジアの動乱、1368年=応安の半済令⇒公武統一政権の出現、1467年=応仁の大乱始まる⇒戦国時代の始まり、1568年=織田信長の上洛⇒統一政権の胎動。正直なところ、あれ? というのも含まれていますが、なかなかでしょう? あ、1868年はもちろん、明治維新です。

 それで清盛の胸毛がどうした、という話なのですが、まあ、聞いて下さい。このほど私は、文春新書から『謎とき平清盛』という本を出すはこびとなりました。来年のNHK大河ドラマは「平清盛」ですが、私はその時代考証を務めておりまして、それでお声を掛けていただいたのです。時代考証の舞台ウラあり、初めての武人政権は鎌倉幕府ではなく神戸(福原)幕府だ! などの最先端の学説あり。ピカッと光る内容で、そこらの便乗本とは明らかに一線を画したものに仕上がっている、と自負しています。えっへん。

 と、まあ、ダメ研究者の空いばりはそれくらいにして。正味な話、本を買っていただくには、先ずは手にとってもらわないと。それで編集者は本の装丁に細心の注意を傾注するわけです。文春新書の場合は全体の装丁は決まっていますので、とくに帯、ですね。本にくるっと巻く紙に何を書くか、載せようか。「時代考証」担当が書いてるぞ、なる「うたい文句」はまあそれでいいとして、テーマが平清盛なんだから、清盛のかっこいい画像を載せよう。だけど、清盛の画像なんてあったっけ?

 さあ、困った。一つあるにはあるのですが、貴族としての清盛を描いていて、全く男前じゃない。どうせ他の便乗本は、みんな手抜きしてこれを使うんだろうし、やめておいた方が無難そう。それから、青い鎧(よろい)をきた珍しい清盛の絵(『平治物語絵巻』の断簡)があるのですが、現在の所蔵者が不明で、所有権の面でNG。視点をかえて、清盛に扮した松山ケンイチさんは? 肖像権がありますから、使用料がすごくかかりそう。これもダメか。 

【次ページ】すごいぞ、こんなの見たことない…

謎とき平清盛
本郷和人・著

定価:788円(税込) 発売日:2011年11月18日

詳しい内容はこちら