本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「吾妻鏡」の空白に果敢に挑戦

「吾妻鏡」の空白に果敢に挑戦

文:本郷 和人 (東京大学史料編纂所教授)

『修羅の都』(伊東 潤)

出典 : #文庫解説
ジャンル : #歴史・時代小説

『修羅の都』(伊東 潤)

 建久10(1199)年1月13日、源頼朝は没した。53歳だった。前年の暮れ相模国を流れる相模川の橋が完成して式典が挙行されたが、それに出席した帰り道、頼朝は落馬してそのまま亡くなったようだ。京都の公家の日記には「飲水病」、すなわち糖尿病だったとする記述がある。糖尿病が悪化すると脳梗塞とか脳出血などの原因になるそうだ。厠で倒れて意識を失い、そのまま死亡した上杉謙信(享年49)の事例はそれに該当する、といわれる。頼朝も脳に何らかのトラブルを発症し、馬に乗っていられなくなった。そう考えるのが普通だろう。

 だが、謙信とは異なり、頼朝の死については様々な憶測がついてまわる。曰く、源義経の亡霊を見て驚き、受け身を取る間もなく地面に叩きつけられた。それで打ちどころが悪く、死に至ったのではないか。曰く、亡霊は亡霊でも、一族の滅亡に追い込んだ平家の怨霊だろう。曰く、落馬云々はフィクションで、実は三代実朝同様、暗殺されたと見るべきだ。頼朝は政治家のイメージが強いが、それでも歴とした源氏の武士である。弓と馬は子どもの頃から十二分に鍛錬している。その彼が馬でしくじるものか。殺害されたに相違ない……。この説明は、事故にせよ故意にせよ、荒唐無稽に過ぎる感があるが、歌舞伎の演目にまでなっている。頼朝は女装して浮気相手の家に侵入しようとしたが、警備していた御家人に斬り殺されたとする『頼朝の死』(昭和7年、真山青果作)である。

 なぜかくも奇妙な説が取り沙汰されるかというと、おそらくは『吾妻鏡』のせいだろう。鎌倉幕府の正史である『吾妻鏡』は、建久6(1195)年12月22日、頼朝が友人の家に遊びに行ったという記事を最後に、建久7(1196)年から建久10年1月までが欠けている。そして唐突に、建久10年2月6日、頼朝の長男である頼家が後を継いで鎌倉殿となった、という記述から再開される。これは何とも不自然だ。幕府は意図的に頼朝の死の真相を隠蔽している。後世に残せぬ「何か」が、そこにはあったのだろう、というわけである。

 そもそも『吾妻鏡』はいったん散逸している。それを今のようなかたちに戻したのは、誰あろう、徳川家康である。秀吉の命で東海地方から関東に追いやられた家康は、同じように関東に本拠を築いた鎌倉幕府に興味を持ったらしい。それで日本各地に人を派遣し、バラバラに伝来していた『吾妻鏡』を集め、復元していった(『北条本 吾妻鏡』と称されるものが、これ)。頼朝の死とその前後は、この時点で已に欠落していた。では鎌倉時代に編纂されたはじめから、それは書かれていなかったのか。それとも後世、当該部分だけが失われたのか。残念ながら明らかではない。こうした状況を踏まえ、この空白に果敢に挑戦したのが、伊東潤の本書である。

修羅の都
伊東潤

定価:本体900円+税発売日:2021年01月04日

ページの先頭へ戻る