インタビューほか

〈ロング・インタビュー〉硫黄島の戦いに日本人の本質が見える

聞き手・構成: 高橋 誠 (フリーライター)

『名をこそ惜しめ 硫黄島 魂の記録』 (津本陽 著)

――菊池寛賞ご受賞おめでとうございます。今回の受賞は、剣豪小説や歴史小説での長年の御功績と、『八月の砲声――ノモンハンと辻政信』(講談社刊)や『名をこそ惜しめ――硫黄島 魂の記録』で、戦記文学にも幅を広げられたことが評価されていますが、戦記物に取り組まれた動機をお聞かせください。

 終戦から六十年経っていますが、日本では戦記については、アメリカによる教育指導などもあって興味が持たれていない。歴史がそこでスーッと切れたようになっている。しかし、あと三十年、五十年経ったら、そこにブランクができるということは無視できないと思ったんです。

――問題意識は現在とつながっているわけですね。

 日本は戦争で壊滅してから三十年で世界有数の産業国家になりました。それを成し遂げた日本人のポテンシャリティというか、生きるための意欲というのは、硫黄島で非常な悪条件の中でとにかく戦おうとした人の努力と、実は一体だと思うのです。日本人は島国で暮らしていて互いの連帯は強く、変な方向に走り出したら全員が行くとか、今だったらいろいろ言えますが、当時、日本はかなりいろいろな方面で追い詰められていた。非常にゆがんだ世情の中で皆がそれぞれの状況下で努力をした。その努力の仕方が、日本人の特徴だと思うわけです。

――硫黄島について書かれるきっかけというのは、何かあったのでしょうか。

 ペリリュー島(現パラオ共和国)の玉砕(一万人。昭和十九年十一月)を、最初は書くつもりでした。

 新陰流の先代のお弟子さんに、ペリリュー島の斬込み隊の指導教官をしていて、島がアメリカ軍に襲われる前にフィリピンに渡り、その後、東京の陸軍大学の教官になった方がおられたんです。ペリリュー島に行く前にはニューギニアのラエで海軍陸戦隊の教官をしていたそうで、私の義兄が大阪高槻の工兵連隊の中隊長でラエにいたので、話が合いましてね。そこで編集者と一緒にペリリュー島の話を聞きに訪ねると、関の孫六なんかを持ち出して、これを使ったんですよなどと言う。しかし、肝心のところになると泣いてしまって、話がとれないんですよ。これはだめだと。

 日本一の現役部隊といわれたのは、鹿児島の歩兵第百四十五連隊(硫黄島で玉砕)と水戸の歩兵第二連隊です。その水戸の第二連隊がペリリュー島で玉砕しているんですが、山の上で最後まで三十二人が頑張っていて、昭和二十二年に降りてきた。そのうち四人にはいつでも会えるというので、水戸まで行くことにしたのですが、これから行きますと連絡をすると、今日は頭が痛い、今日は体の具合が悪いなどと言われる。いまだに複雑なものを抱えているのでしょうね。

 それで、これは難しいなと思っていたところに、硫黄島協会事務局長の金井さんにお会いしたわけです。金井さんの話は非常に状況把握が的確で臨場感があり、夢中で三時間ノートを取って。それがきっかけです。

――金井さんの他にも、お話を聞かれたわけですか。

 玉名山陸戦隊の大曲覚さんや野戦病院の衛生兵だった吉住鉄五郎さん。鉄五郎さんは下町の勇み肌の人が年取ったという感じの人です。硫黄島と横須賀との間の衛生資材の移送をしていて、アメリカ軍との決戦で、最後まで金鵄勲章を貰うつもりだったと言っていますよ。その他にも本文には出てきませんが、広島在住の方も訪ねました。

 ペリリュー島は現役兵ばかりですが、硫黄島は、補充兵で三十五、六歳とか四十五、六歳という人も引っ張って行かれた。金井さんの部下にも四十歳ぐらいの兵隊がいて、敵が来ても弾の込め方を知らなかった。恥ずかしそうに笑ったのが今でも忘れられないと言っていました。

 でも凄い戦いをしています。アメリカ兵は七千人近くが死んでいる。アメリカの負傷者は二万二千人近くで、そのうち大手術を要する負傷者がものすごく多かった(九〇パーセント)そうです。日本軍は全体で二万一千人がいたというけれど、病死したり爆死したりして、実際は一万七、八千人に減っていたでしょう。戦闘で死んだのは、その内の三割の五千人。残りは、投降しようとして後ろから撃たれたり、嫌われた上官が殺されたり、それが一割ぐらいですね。あと六割は、水が無くて、焦熱地獄で、爆死。つまり手榴弾を使っての自殺です。それらすべてを合わせて、日本軍戦死者は一万九千九百人といわれていますが、島にはまだ一万二千体の遺骨が残っているといいます。だから、今でも霊がいっぱい出る。硫黄島に行ったら幽霊の話ばかりです。

【次ページ】

名をこそ惜しめ 硫黄島 魂の記録
津本陽・著

定価:本体667円+税 発売日:2008年12月04日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評不完全なヒーロー(2013.10.22)
書評信長が秘めていた心の闇とは――(2013.05.14)
インタビューほか真実を求めつづけた強靭な宗教思想家(2009.12.20)
書評大義とは何か――遺書でたどる昭和史決定版(2009.09.20)
書評惜しい! こんな女性を死なせて(2009.07.20)
書評天国の一年と地獄の三年(2009.06.20)