書評

悩み解決のトライアスロン

文: 赤瀬川 原平 (作家)

『お坊さんだって悩んでる』 (玄侑宗久 著)

 このタイトルがいいですね。お坊さんだって悩んでいる。それはそうだろう、人間だから。とは思っていても、ふつうは表立ってテーマにはしない問題である。

 つまり表立っては、お坊さんはもう悩まないと思われているのだ。出家して、いろいろと大変な修行を積んで、その末にもう悩んだりはしない存在となっているのがお坊さんだと思われている。一般の人々は、そういう超人的なものをお坊さんに期待しているのではないか。ぼく自身もどことなくそう思っているふしがある。だからこそこのタイトルにあらわれた告白的なニュアンスに、引きつけられる。

 この本は寺院関係の専門誌に連載されていた人生相談をまとめたものだ。お坊さんにも人生相談があるんだ。いや人生相談というより職業相談というか、思想相談というか、あるいは技術相談といいますか、お寺の専門誌内での相談なので、事がすべて恰好をつけずに具体的で、じつに面白い。読みやすい。

 本当は迷わないはずだと思われている人が、じつは陰では迷っている、ということが実感できて、それでぐっと距離感が縮まり、読みやすくなる。これは文章の効用ということに関して、重要なことだ。

 昔みた西部劇の映画を想い出した。たしか「ワーロック」というもので、主演はヘンリー・フォンダ。早撃ちの名人といわれる保安官で、新しい町に来てもみんなに注目されている。その名人が用事のないとき、町外れの岩陰で、早撃ちの練習をしているところがちらっと出てくる。え? 名人も練習するのか……、と思って妙に感じ入ったのを覚えている。名人はもう出来上がった人と思っていたけど、やっぱり人間なんだ。

 話がそれたが、お坊さんも人間だからというのは、じつは複雑系をあらわす言葉で、このお坊さん相談はたんに正しい定理を説くだけではなくて、その人間社会の複雑系に自分も分け入って、自分も迷うことでいちばんいい道を探ろうとしている。仏門での伝統的な定理も、一般世間での世俗的な感情も、すべて受入れたところで、納得できる道のありかを、一つではなく複数考えようとしている。そこがやはりお坊さんの人生相談ならではのもので、絶えず動いている世の中でのお坊さん、という位置を実感できるのだ。

【次ページ】

お坊さんだって悩んでる
玄侑宗久・著

定価:本体820円+税 発売日:2006年07月20日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評震災直後、ガン放射線治療を受ける女性にとって、放射能とは、東日本大震災とは?(2015.02.04)
インタビューほかそれとない『ご縁』の有難さ(2004.03.20)
書評古川緑波、吉田健一、武田泰淳、赤瀬川原平ほか……食は惜しみなく恵む(2015.02.13)
インタビューほか『実業美術館』とはなんぞや? 赤瀬川原平×山下裕二×南伸坊(2007.10.20)
インタビューほか禅宗寺院の最高峰、京都・相国寺で行った特別講義(2014.02.26)
書評『仏教シネマ』解説(2013.10.01)
インタビューほか京都の裏支配者“白足袋族”の実態(2010.01.20)