本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
悩み解決のトライアスロン

悩み解決のトライアスロン

文:赤瀬川 原平 (作家)

『お坊さんだって悩んでる』 (玄侑宗久 著)


ジャンル : #随筆・エッセイ

 住職の跡取り息子が茶髪で、どう諫めるべきか? という質問。檀家の目もあり、寺の世間体、息子の将来の信用も考えてハラハラ、「そう考えて、父親の住職として、息子の茶髪を諫めるのは、いけないことでしょうか」という質問への回答。「いけないことでしょうか、と訊かれても、困りますねぇ。少なくとも、そんなふうに自信のない方には、誰だって諫められたくはないでしょう」という言葉から、言葉というのはたんに記号ではなく、迫力なんだと納得をする。とくに諫めるというようなことの場合、体ごと発したものでないと、意味だけいくら正しくても本人には届かない。

 サッカーWカップの、日本チームのシュートを思い出した。ボールの動きがどことなく、意味は正しくても自信に欠けるというか、迫力が細いというか。

 もう一つ、お布施というのは金銭でもあるために、俗世間の論理の逆流もあって、やはりお坊さんにも解釈上の悩みがあるらしい。そのお布施についての著者の解釈。お布施は「要は風のように入って出ていくだけで、我々はその向きを少しだけ変えられるということです。それは我々が社会に対してできる、最も大きな仕事ではないでしょうか」というのがさらに進んで「じつは布施という純粋な贈与がなければ、自然も体も成り立ちません。天は大地に雨を布施し、大地は作物に栄養を布施し、農作物は人間に我が身を布施している。また体のなかでも、骨髄で作られた血液は心臓をとおって全身に布施され、肝臓は胆汁を布施し、肺もきれいな酸素を布施しています。全身これ布施する集合体なのです」という布施宇宙論はすごい。

 この本の読みやすさは、テーマが卑近で、しかもその解釈が仏教用語を使わずに科学的で、一つの論理へのこだわりの見えないところ。たてまえの上で宗教家がよけて通るようなものにも、あっさり近づいて触わってみるし、じっさいに著者自身若いころは生家の僧職に反抗し、家を出てあれこれの軟派硬派の職業を渡り歩き、新興宗教にもあちこち入門を繰り返してきたようで、それらを全部飲み込んだ上でいまの僧職の位置にいる。この人生相談の喉ごしのよさも、それらを消化する内臓の強さから出たものだろう。

 オリンピックの五種競技、あるいはトライアスロンを思い出した。一つの競技だけでなく、多種の競技の連続で競う。昔は鉄人レースとも呼ばれていた。その展開をあれこれと見ているようで、また次の相談も読みたくなった。

お坊さんだって悩んでる
玄侑宗久・著

定価:本体820円+税 発売日:2006年07月20日

詳しい内容はこちら

プレゼント
  • 『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/4/19~2024/4/26
    賞品 新書『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る