インタビューほか

ボクサーはなぜ戦い続けるのか

「オール讀物」編集部

『拳の先』 (角田光代 著)

『拳の先』 (角田光代・著)文庫になりました

単行本刊行時のインタビューです。

 著者初のスポーツ小説『空の拳』から4年、再び、ボクシングに向きあったのが本作だ。

「前作ではボクシングの動きの表現に心を砕き過ぎて、試合の場面を書き過ぎたという反省がありました。今回は、物語をよりくっきりと描こうと。立花というボクサーに“世界”をみせたいとも思っていました」

 ボクシング専門誌から文芸編集者となった那波田空也は、ふとしたことをきっかけに、一度離れていたボクシングに近づく。かつて通ったジムの花形選手タイガー立花と再会。立花はライト級の日本タイトルを失うも、奪還するために練習を続けていた。そんな彼に立ち塞がるのが、若き天才ボクサー岸本修斗だった。実力の差を見せつけられた立花はリング上である行動に出て空也を失望させてしまう。

「他のスポーツはあまり見ないのですが、ボクシングだけはずっと見続けてきました。試合を見ていると、リング上のボクサーの心情がはっきりと分かることがあるんです。恐怖心を取り繕おうとしても、すべてが剥がされてあらわになってしまう。そこがボクシングの面白いところです」

オール讀物 2016年5月号

特別定価:1,000円(税込) 発売日:2016年4月22日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評巨大な恐怖に対し、逃げながら闘う男たちの“ボクシング”を読む(2018.10.23)
書評なぜ女は女を区分けしたがるのか(2004.11.20)
書評人生という真実(2016.02.07)
インタビューほか小説のトップランナーからの贈り物。すべての大人に贈る恋愛短篇集(2015.01.09)
書評生(せい)そのものに触れる 恐ろしくも美しい小説(2013.12.01)
書評雑誌掲載と同時にラジオドラマ化。 異例のコラボレーション実現の内幕(2012.05.22)
書評『ツリーハウス』を読んで(2010.09.20)
拳の先角田光代

定価:本体1,140円+税発売日:2018年10月06日