インタビューほか

『カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソンに衝撃を受けて――戌井昭人さんインタビュー(後編)

「本の話」編集部

『俳優・亀岡拓次』『のろい男 俳優・亀岡拓次』 (戌井昭人 著)

――それは発見ですね。

 新吉先生も「そうか、戌井くん!」って興奮して。面白いからレポート書きなさいって言われたんですが、出したレポート、「妻」の字が全部「麦」になってました(笑)。

――『のろい男』の第1話に出てくる大女優・松村夏子のエピソードからは、『女の一生』の杉村春子さんを連想します。戌井さんは、杉村春子さんと接点がおありでしたか。

 僕らが研究所に入ったときは、まだお元気でしたが、あまりにすごい方で、誰も近寄れなかった。あるとき、研究生みんなで飲んでいて、酔った勢いで、家に押しかけた。信濃町の文学座の後ろがご自宅だったんですね。そうしたら、玄関先まで出てきて、「あなたたち、がんばんなさいね」と声をかけてくださった。誠実に、本当にやさしく応えてくださって、感激しました。『牡丹燈籠』を三越劇場で見たのが最後でしたが、そのときもすばらしかったなあ……。北村和夫さんが『欲望という名の電車』で共演したときのエピソードが研究所で語り継がれていて、小説はそれを元にしました。

――松村夏子が亀岡に、映画俳優への道を示唆します。「小さな役があるんじゃなくて、小さな役者がいるだけだ」という言葉は、亀岡自身の信条になっていますね。

 森本薫の書いた『女の一生』の台詞で、「自分で選んで歩き出した道ですもの、間違いだと知ったら自分で間違いでないようにしなくちゃ」という、文学座のモットーみたいになっている言葉があるんですね。「小さな役があるんじゃなくて、小さな役者がいるだけだ」という言葉も、杉村さんが言うから、重みがある。杉村さんの生きかたが、そのとおりだったと思うんですよね。僕らにはないすさまじさがあるんでしょうね、そこには。

「俳優 亀岡拓次」安田顕さんと麻生久美子さん
©2016「俳優 亀岡拓次」製作委員会

――さて、横浜聡子監督、安田顕さん主演の映画「俳優 亀岡拓次」(2016年1月30日公開)が完成しました。ご感想を。

 監督の作品は好きでしたし、安田顕さんがすばらしかった。初めて会ったとき、ああ、これが亀岡だ、ってぴったりきました。違うところはまったくなかった。

――戌井さんご自身も、出演されたとか。

『吐瀉怪優』の、ゲロ吐かれちゃう相手役で出たんですよね。安田さん、吐き方も上手でしたよ(笑)。撮影中、目がずっと死んでいたので、疲れているんだろうなあと思っていた。終了後、挨拶に行ったら、「ああ、どうも!」って爽やかな表情で声かけてくれて。ひどい二日酔いの設定だったから、ずっとそういう表情に作りこんでいたんですね。

――横浜監督はいかがでしたか。

 監督は飄々とした感じ。他の映画もそうだけれど、へんてこな映画を撮るのがうまいし、それが面白いじゃないですか。へんな人を、そこばかりを強調せず、さらりと撮る。亀岡の変なところを強調するわけでもなく。それは自分が書きたいことだったので、原作とすごくマッチしていると思います。

「俳優 亀岡拓次」は2016年1月30日よりロードショー http://kametaku.com/

俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体680円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら

のろい男 俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
インタビューほか脇役俳優・亀岡拓次には、自分も5割くらい入っていますね――戌井昭人さんインタビュー(前編) (2015.11.11)
書評愛すべき“ぷらぷら人間”亀岡さん。僕が映画出演を即決した理由。(2015.11.13)
書評あまりにも大きな存在だった中村勘三郎さん。終生忘れられない、面影とその思い出(2015.10.22)
書評57歳で、歴史上の名優となった中村屋 一級品のエピソードを語る伝説の集大成(2015.10.21)
インタビューほか著者インタビュー 奈良橋陽子 「キャスティングはマジック。新しい才能と出会うとワクワクします」(2014.09.20)
書評破格のスター、“世界のミフネ”の素顔(2014.01.17)
書評私が知っている吉川圭三という男(2014.06.26)