2016.06.13 書評

三十年目の『陰陽師』

文: 夢枕 獏

『『陰陽師』のすべて』 (夢枕獏 著)

『『陰陽師』のすべて』 (夢枕獏 著)

 前回「『陰陽師』のすべて」を出してから、もう四年が過ぎている。

 その時は六十一歳であったのだが、この文庫版が出版される今年、ぼくは六十五歳となってしまった。

 なんとも時間の過ぎるのは、はやいものだ。

 今回、文庫化するにあたって、この四年分やもっと前のあれこれが、プラスされることになって、より充実した内容になっているのが、ぼくにとってはありがたい。この頃、多くの記憶が曖昧になってきているので、自分の書いた『陰陽師』を読みなおして、アイデアの確認をしたり、あれこれ資料を捜したりせねばならない時が、しばしばあるのである。

 その資料として、この本が手元にあるということが、なんとも便利なのである。

『陰陽師』、まだしばらくは書いてゆけそうなので、もう十年ほどはおつきあいをよろしくお願いします。

 

 二〇一六年、春、桜の頃に

―――小田原にて

(「文庫版あとがき」より)

『陰陽師』のすべて
夢枕獏・著

定価:本体720円+税 発売日:2016年06月10日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら



こちらもおすすめ
書評二十六年目の『陰陽師』(2016.06.12)
書評パリで『陰陽師』を朗読して(2016.06.10)
書評パリで『陰陽師』を朗読して(2016.06.10)
書評たいへん楽しくおもしろい皆さんが選んだ「陰陽師」(2015.10.13)
書評私は獏パーンチ・ドランカー(2015.06.20)
書評エッチで、色っぽくて、ちょっと怖い話(2014.10.22)
書評音の渦に佇む獏さん(2014.01.23)
インタビューほか夢枕獏「倒れるまで書き続けたい」(2012.10.29)
インタビューほか連載開始から25周年、 ますます好調の陰陽師ワールド(2011.05.20)
インタビューほかペンと筆が紡ぐ平安の闇 夢枕獏×村上豊(2005.09.20)
インタビューほか闇が消えて謙虚さがなくなった(2003.10.20)
書評夢枕獏と九星鳴 湧き出でる想念をすくい取る者(2015.01.16)
書評もう一度、デビューする(2014.12.15)