2003.11.20 書評

ますます不気味な「禿鷹」の魅力

文: 西上 心太 (書評家)

『銀弾の森 禿鷹3』 (逢坂剛 著)

 超・悪徳刑事、三度(みたび)のお目見えだ。

 これが芝居なら、大向こうから「待ってました!」と声が掛かるところ。本書『銀弾の森 禿鷹(はげたか)3』は、禿富鷹秋という名前から「禿鷹」という二つ名で呼ばれる悪徳刑事が悪の限りをつくす、おなじみシリーズの第三弾である。

 不幸にして、このとてつもないキャラクターが大暴れする本シリーズをお読みでない読者のために、これまでの流れをざっと紹介しよう。

 禿富鷹秋は警視庁神宮署生活安全課に所属する警部補だ。広い額に薄い眉、その下にある引っ込み気味の目は猛禽のようにぎらぎらと光っている。鼻梁は細くとがっていて、引き結ばれた薄い唇は酷薄な印象を与える。身長は一七〇センチ台半ばとさして大きくはないが肩幅が異常に広い。一見痩せて見えるが、実は全身が引き締まった筋肉に覆われているのだ。特に太ももとふくらはぎの筋肉は豊かで、膝回りと足首は逆に細く引き締まっている。パンチなど腕力も強いが、この強靱な下半身から繰り出されるキックの破壊力は凄まじい。

 禿富は特捜班という立場を利用して常に単独行動を取る。下町の北上野署から転勤してきた彼が目をつけたのが、管轄の盛り場渋谷を根城にする渋六興業であった。渋谷は渋六興業と敷島組という二つのヤクザ組織が覇を競ってきた。だがシノギがみかじめ料(それも安価)中心という、昔気質で良心的?な渋六興業は、覚醒剤などシノギの手段を選ばない敷島組に押され気味だった。そこに新宿から進出を狙う南米マフィア組織〈マスダ〉が割って入る。禿富はマスダが送った殺し屋から、渋六興業の「社長」碓氷(うすい)の命を救い、それがきっかけで渋六興業に取り入ってしまう。そして禿富の恋人が殺されたことから、マスダがくり出す新たな刺客との戦いが始まる。(『禿鷹の夜』

 前作の抗争の中で娘を殺された碓氷は引退し、渋六興業は専務の谷岡が後を引き継いだ。一方、敷島組からマスダに鞍替えした宇和島は、渋六興業の利権を奪う活動中に禿富と遭遇しぶちのめされる。だが禿富と同じ神宮署の刑事でマスダと癒着している鹿内は、部下を使って禿富を袋叩きにしてしまう。禿富は異様な執念で「悪徳刑事」たちの身元を割り出し、復讐を果たしていく。宇和島は中国から新たな殺し屋を呼ぶが……。(『無防備都市 禿鷹の夜2』

【次ページ】

銀弾の森 禿鷹3
逢坂剛・著

定価:本体630円+税 発売日:2006年11月10日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評対談 佐々木譲×逢坂剛 鬼平 VS. 警察(2014.09.15)
書評特別対談 逢坂剛×黒川博行 イオリンの思い出 (2014.11.28)
インタビューほか池波さんへのオマージュ ――平成の「平蔵」誕生!(2012.03.14)