インタビューほか

対談 石持浅海×水谷奏音
1度目は熱い官能小説として、2度目は怜悧な本格推理として再読を愉しめる『相互確証破壊』

『相互確証破壊』 (石持浅海 著)

ディスカッション小説、 超常現象小説、冒険小説―― 作品ごとに新たな仕掛けで読者を驚かせる 石持浅海さんの新刊『相互確証破壊』は“官能ミステリー”。 石持作品をこよなく愛するフォーチュンカウンセラーの 水谷奏音さんに、著者は新作のメイキング・オブを語った。

“アブノーマル”を書いてくれ

水谷 第5話「カントリー・ロード」がわたしは6話中で一番好きです。

石持 この時は歌謡曲特集で(笑)。タイトルを歌謡曲にしてくれというオーダーがあったんです。

水谷 一番、石持ワールドが展開されているように思います。ヒロインもあまり冷徹ではない。

石持 たしかにミステリーらしいミステリーですね。途中の登場人物の一言で世界がひっくり返ります。

水谷 ここの美結さんにしても、ほかも和沙さん、梨穂さんなど、すっと入ってくる自然な名前を登場人物におつけになりますね。

石持 登場人物に凝った名前をつけるか、普通の名前をつけるかは主義、好みの問題で、わたしは普通の名前をつけるほうですね。新聞に入ってくる塾のチラシの合格者名簿なんかを参考にしています。今回は、ヒロインたちの名前の響きがやや華やかであるようにとは意識しました。

水谷 すっと入ってきて、名前が邪魔にならないんですよね。

 最終話「男の子みたいに」には一番度肝を抜かれました。

石持 編集部の依頼が「アブノーマル」を書いてくれ、だったんです。「たとえばホモとか」と言うんですが、ホモとはたんなる1ジャンルであって、アブノーマルでもなんでもない。だから男の子の恰好をした女の子が男の子みたいに男に抱かれたらどうなるか、という話にしたんです。

水谷 今回の官能ミステリー、1度目は官能小説として、2度目はミステリーとして、違った読み方、味わい方、楽しみ方があるように思います。

石持 再読って面白くて、たとえば4コマ漫画にも読み返すと別の発見があるんですよ。

水谷 これを機に、石持さんの作品、すベて読み返したくなりました。

相互確証破壊
石持浅海・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2014年07月24日

詳しい内容はこちら

12星座殺人事件
光藤ひかり・著/水谷奏音・著

定価:本体1,500円+税 2013年12月06日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
書評『ブック・ジャングル』解説(2013.11.26)
書評兼業作家と取材(2011.04.20)
インタビューほか生と死とエロス、一瞬を描く(2014.04.18)