書評

「ブラック企業」はこうして見極めろ!

文: 森 健 (ジャーナリスト)

『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』 (今野晴貴 著)

年が明け、ますます本格化している就活。しかし内定を欲しがる学生たちに忍び寄るのが、「ブラック企業」の魔の手だ。「正社員」という餌をぶら下げ、若者を使い潰す問題企業に就職しないために何が必要なのか。そして、有名企業も“ブラック化”する現状とは──。

 年が明け、会社説明会や社員懇談会など企業の採用活動が本格化してきた。

 昨年から始まった当連載では、企業が採用対象大学を絞る「ターゲット化」を推し進めている「2014年度就活」の現状などをレポートしてきた。企業は効率的に優秀な人材を取ろうとする分、学生にとっては内定獲得は厳しさを増している。こうした状況から、「とにかく内定を」と焦る学生が増えるのも無理はない。

 だが、そうした焦りに危険な罠が潜んでいる。「ブラック企業」の存在である。

 異常な長時間労働、時間外労働の不払い、言葉や肉体での暴力、パワーハラスメント、女性に対するセクハラ……。ひどい時には、うつ病など精神疾患まで引き起こすこともある。社会人の第一歩目で、人生自体を破壊されかねない──それがブラック企業と呼ばれる企業だ。

徹底的な隷属と監視で支配

 東京六大学の1つを卒業し、上田さん(仮名)がアパレル商社のA社に入社したのは2011年4月のことだった。就活を始めた2009年は、ちょうど前年のリーマンショックの影響で企業の採用枠が急減した直後。大手はどこを受けても弾かれた。上田さんは理系だったが、興味があったアパレル業界を中心に活動。そんな中、順調に選考が進んだのがA社だった。

「知名度もなく、規模も小さかったが、だからこそできることもある」

 そう前向きに判断した。面接時間が1回2時間に及ぶなど、やや気にかかる点もあったが、内定の出たA社に就職した。

 だが、入社してすぐそんな想像は甘かったことを思い知らされた。社長は普段から両足を机の上に投げ出して指示をし、何かと言えば怒鳴りあげる人物だった。

 上田さんは先輩の営業見習いとして同行するようになったが、次第に社長から理不尽な仕打ちを受けるようになった。

「社長と一緒に衣料資材を遠方の倉庫に取りに行った際、帰ってからその倉庫に忘れ物をしたことに気づいた。その途端、社長からみぞおちを思い切り蹴りあげられました」

 入社前に給与は営業手当込の25万円とされたが、半年間は17万円に据え置かれた。朝は9時出社で退社は11時、休みは日曜のみ。時間外労働の残業手当は退職まで1度も払われることはなかった。同期入社の5人のうち3人は3カ月以内で辞めた。

 社長からの言葉や肉体的な暴力は日常的に行われるようになった。仕事の仕方も教えないのに、上田さんの仕事に不十分なことがあれば「バカヤロウ」と怒鳴られ、機嫌が悪いときには「お前の目つきが悪い」と殴られた。

 なにより精神的に追い詰められたのは、土日もプライベートがない徹底的な隷属と監視だった。

「日曜の朝ようやく休めると思っていると、携帯で『いまから来い』と呼び出される。行ってみると、私用の買い物の付き合いで『駐車場代を支払いたくないから、車内で待っていろ』という用件だった。また、週末の予定を聞かれ、友人との用事があると答えると『いますぐ電話しろ』と目の前で友人に電話させられ、変更を強制されたこともよくありました」

 限界が訪れたのは1年半後の昨年9月だった。3発拳で殴られたのち、実家に帰って調べ物をさせられていたが、その日中に調査を終えることが不可能なことがわかり、電話で社長に報告した。その途端、電話ごしにまた激しく怒鳴られた。直後、上田さんは過呼吸に陥り、泣き崩れた。

 驚いた両親はそこで初めて息子がどんな状況で働いているかを知った。親の強い勧めで週明けに会社に退職の意志を伝えた。退職はできたが、その月の給与は支払われなかった。

 暴力、パワハラ、長時間労働、公私の区別のない拘束……。取材の際、具体的な思い出を話そうとすること自体が苦痛だと上田さんは語った。典型的なトラウマ(心的外傷)だった。

 労働問題に詳しい笹山尚人弁護士によると、上田さんのケースは明らかな違法だと指摘する。

「上田さんのケースでは、土日の区別なく働かせていることが問題。労働基準法35条で『毎週少くとも1回の休日を与えなければならない』と規定している。業務ではなく、私用で社員を使っていることも雇用契約に反している。もちろん、暴力やパワハラはもってのほかです」

【次ページ】グローバル化の流れと一体

ブラック企業

今野晴貴・著

定価:809円(税込) 発売日:2012年11月19日

詳しい内容はこちら

〈自著を語る〉若者と、日本の未来を奪うブラック企業(今野 晴貴)