インタビューほか

エネルギー源は「妄想」。糸井重里氏を感嘆させたお母さんの「平気力」

「本の話」編集部

『すごいお母さん、EUの大統領に会う』 (尾崎美恵 著)

「すごいお母さん」が四国・香川にいると、「ほぼ日刊イトイ新聞」で大ブレイク。その「お母さん」こと尾崎美恵さんが初めての著書を刊行しました。 四国の一主婦が、学んだフランス語を武器に四国の魅力を欧州に売り込む。 夢をあきらめない、エネルギッシュな生き方の秘訣はどこにあるのか聞いてみました。

――「四国夢中人」はどんな活動をしているのですか?

 国籍、世代、業種を問わず、いろんな人を巻き込んで四国を元気にしていこうという活動です。基本的には私一人で、人手もなくお金もないのですが、企画を立て、駆けずり回っていろいろな援助をかき集め、実現してゆくうちに、さまざまな人たちがサポートしてくれるようになりました。

 最初にお話ししたように、海外から四国に興味を持ってくれるブロガーを呼んで、茶の湯や盆栽、俳句、遍路などをテーマにツアーを組み、その魅力をブログやSNSで発信してもらう。あるいは、フランス人なのに日本の鉄道に異常に詳しくガイドブックまで作ってしまったフリーペーパーの「鉄ちゃん」編集長や、日本の大衆演劇を研究している大学の先生を招聘するような企画をしています。

大衆演劇「南ファミリー劇団」パリ公演

 一方で、パリの「ジャパンエキスポ」に四国を紹介するブースを出展したり、四国遍路の講演をパリ日本文化会館で開催したり。昨年(2015年)の2月にはテロ事件の直後だったのに310人入る大ホールが満員になりました。フランス人は驚くほど「四国遍路」に興味を持っているんです。合わせて開催した「讃岐うどん」のワークショップも大人気だったんですよ。

 まあ、こうした活動をすべて、ほとんど「タダ」で成り立たせる、というのが「四国夢中人」代表である私のミッションといえます。

 毎回ゼロから新たなことにチャレンジするので、すべてが大変ですが、活動に参加したフランス人たちが、今度はフランスや日本で開催するプロジェクトを無償でサポートしてくれるようになる。そんなふうにサポーターが増えていくのが、一番うれしいことです。詳しくは、ぜひ本を読むか、サイトを見てください(四国夢中人 http://muchujin.jp/)。

讃岐うどんのワークショップの様子

――なぜそんなにお元気なのか、そのエネルギー源を教えてください。

 エネルギー源は、妄想を絶やさないこと。

 妄想を声に出し、形にしていくことで、自分の中からパワーが湧いてくるのかもしれません。

 今、新しいプロジェクトを始めつつある瀬戸内海の島々には、私よりもずっと高齢で元気な方々がたくさんいます。負けていられないです!

 四国に一度もいらしたことのない方も多いでしょうし、瀬戸内海の島を訪れた方はもっと少ないと思います。放っておけば住む人がどんどん減少してしまう瀬戸内海の島々に人を呼ぶにはどうすればいいのか。

 名づけて「瀬戸内海をパラダイスに」計画。ぜひ、私の妄想に力を貸してください!

尾崎美恵(おざき・みえ)

尾崎美恵

1954年、愛媛県生まれ。大学卒業後、英語の非常勤講師を経て結婚。香川県丸亀市に住み、専業主婦として3人の子どもを育てる。長男の通う幼稚園のシスターからフランス語を学ぶ。
1997年、43歳で岡山大学大学院仏文研究科修士課程に入学。2001年に同課程を修了し、フランス語講師を始める。
2008年、NPO「四国夢中人」を結成し、欧州と四国をつなぐ活動をスタート。パリ・ジャパンエキスポに出展し、讃岐うどんや四国遍路のPRに努める一方で、四国に欧州からのブロガーを招くツアーをほとんど1人で企画、実施する。2014年、EU大統領ファン=ロンパイ氏に会いにブリュッセルへ。それを長女がブログに書いたところ、「ほぼ日刊イトイ新聞」からインタビューを受けることになり、大ブレイク。

すごいお母さん、EUの大統領に会う
尾崎美恵・著

定価:本体1,250円+税 発売日:2016年09月29日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評「ヨソ者」「若者」「バカ者」が地方を救う! 眠れる資源を発掘し、磨き、稼ぐには?(2015.08.26)
インタビューほか鯖江では、400年前から オープンイノベーションやってます!(2015.07.04)
書評グローバリゼーションに耐えられなくなった英米社会――トランプ旋風と英国(2016.09.24)
特設サイト池上 彰『学校では教えない「社会人のための現代史」』(2013.10.11)
書評日本にとっても対岸の火事ではない(2013.04.04)