本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
三浦しをん原作「まほろ駅前」シリーズ 多田・行天になりきるロケ地MAP 第2回

三浦しをん原作「まほろ駅前」シリーズ 多田・行天になりきるロケ地MAP 第2回

文:中津川 詔子

『まほろ駅前狂騒曲』 (三浦しをん 著)


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

多田が見舞いに通い詰めるまほろ市民病院

 ここから先は徒歩圏外のスポット。バスや鉄道経由で行ってみたい。

町田街道沿い

※クリックすると拡大します

★21 町田市中町2-17-15 最寄のバス停「五間道路前」

 多田の想い人、柏木亜沙子(真木よう子)が経営するレストラン「キッチンまほろ」。ロケ地は「欧風台所ラ・パレット」(中央林間)だが、「まほろ街道沿いにある」という原作の描写から、モデルは「ロイヤルホスト町田店」と推測される。
 ⇒ 原作『まほろ駅前狂騒曲』(単行本)P.165

※クリックすると拡大します

★22 町田市旭町2-15-41 最寄のバス停「市民病院前」

 息子の依頼で「曽根田のばあちゃん」の見舞いを続ける多田にとって、まほろ市民病院はおなじみのスポット。たまに、きなくさい事件に巻き込まれてお世話になることも……。

 実際のロケ地は別の施設らしいが、モデルは町田市民病院。
 ⇒ 原作『まほろ駅前狂騒曲』(単行本)P.76~79

町田市つくし野付近

 ここからは、つくし野駅周辺の2カ所をご紹介。いずれも駅から徒歩圏内だが、町田駅からはバス便がおすすめ。

※クリックすると拡大します

★23 町田市つくし野2-8 最寄のバス停「小川中央」
※クリックすると拡大します

 オープニングシーン。坂道を登ってくる多田・行天をアクシデントが襲う。この場面も原作との違いが楽しめるはずだ。
 ⇒ 原作『まほろ駅前狂騒曲』(単行本)P.69~74

 2人が初詣に出かけた神社(つくし野杉山神社)への入り口は、この坂を下って右折したところにある。

※クリックすると拡大します

★24 町田市つくし野2-13、町田市つくし野1-35 最寄のバス停「小川中央」

 多田便利軒の軽トラが走り去るラストシーンは、まほろ市街を見下ろす高台の住宅街で撮影された。

 映画では見事な桜並木が映っているが、老朽化のため、今年伐採されてしまったという。残念!

 2回にわたり、24カ所のロケ地をとりあげたが、これはほんの一部。

「地図に名前も出ていない古い商店街や路地で、映画やドラマで見かけた光景にひょっこり出くわす可能性もありますよ」と宮本編集長。

「その中には、みなさんがお住まいの所にも似た所があるかもしれません。地元の“まほろっぽさ”を発見するのもきっと、楽しいと思います」

文春文庫
まほろ駅前狂騒曲
三浦しをん

定価:913円(税込)発売日:2017年09月05日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る